沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用

ドローンとディープラーニングを用いて被災者人数の把握や、レスキュー隊の配置を把握し、指揮支援を検証

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29、代表取締役:伊豆智幸 以下エンルートラボ)は、沖縄県総合防災訓練に参加し、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証しました。
2017年9月2日に行われた沖縄県総合防災訓練にて、エンルートラボ製のドローン、無人車両を活用しました。
ドローンの運用において、ADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)の情報を運行管理ソフトとリンクさせ、UTM (Unmanned Aerial System Traffic Management)への展開を検証。今後ドクターヘリに搭載のIP無線との連携も検討します。また複数ドローンの航空管制も行います。
上空からのドローン映像から、AI技術(ディープラーニング)を用いてリアルタイムに避難者の人数を数えたり、レスキュー隊員や消防車などの配置を把握する試験を行いました。今後学習データを増やすことで、さらに高精度なカウントを可能とします。

ディープラーニングによる見分けディープラーニングによる見分け

沖縄県総合防災訓練でのドローン、無人車両活用動画
https://youtu.be/ShEsjQ5bJeg
 

災害対応用ヘキサコプター災害対応用ヘキサコプター


【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルートラボ
電話:049-293-4567 メールアドレス:info@elab.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イームズラボ >
  3. 沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用