ハニカムラボ、竹中工務店と共同で建築現場の施工をアシストするHoloLensアプリを開発。メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボレーションした体験施設の建築現場において活用

デジタル情報を活用した最先端の設計・生産技術の一例としてHoloLensを活用

株式会社ハニカムラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:河原田 清和、以下、ハニカムラボ)と株式会社竹中工務店(本社:大阪府大阪市、社長:佐々木 正人、以下、竹中工務店)は、建築現場の施工をアシストするHoloLensアプリを開発しました。
当アプリが、竹中工務店とメルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区、社長:上野 金太郎、以下、MBJ)がコラボレーションしてオープンした、モビリティとリビングの未来の形を具現化した体験施設「EQ House (イーキュー ハウス)」の建築現場において、施工アシストのソリューションとして採用されたことをお知らせいたします。
ハニカムラボは、竹中工務店と共に建築現場の施工をアシストするHoloLensアプリを開発しました。竹中工務店とMBJのコラボレーションで、2019年3月13日(水)東京・六本木に約2年間の期間限定でオープンした、モビリティとリビングの未来の形を具現化した体験施設「EQ House」の建築現場において、必要な情報を提供するなどの施工アシストのソリューションとして、デジタル情報を活用した最先端の設計・生産技術として採用されました。

HoloLensを装着して作業を行うHoloLensを装着して作業を行う

 

 

■HoloLensを用いた施工アシストソリューションについて
「EQ House」の外観で用いられている1200枚にも及ぶアルミパネルはすべてが違う形となっており、それぞれのパネルは365日の日照パターン全てをシミュレーションした結果により最適な形状と配置が決定されています。
個別のIDで管理された各パネルをHoloLensを装着した作業員が見ると、それぞれのパネルのサイズや重さなどの情報が表示されたり、ホログラムによって現実空間における取付位置が指定されるため、各パネルごとの取付位置の間違いや確認作業工数を短縮することが可能となります。
 

 

QRコードを見るとパネルの情報が表示QRコードを見るとパネルの情報が表示

 

正しい取付位置を現実空間に合わせて指示正しい取付位置を現実空間に合わせて指示


■HoloLensとは
Microsoft HoloLensは世界初の自己完結型ホログラフィックコンピュータで、現実世界に表示されるホログラムとのインタラクションを可能にする新しいヘッドマウント型デバイスです。2017年1月から日本マイクロソフトが国内の法人と開発者向けに提供を開始しています。

Microsoft HoloLensMicrosoft HoloLens

■Mixed Reality パートナーについて
Mixed Reality Partner Program(MRPP)とは、米マイクロソフトがワールドワイドで展開するパートナーのトレーニングおよび認定のためのプログラムであり、世界中のデジタルエージェンシーのためのプログラムです。

Microsoft Mixed Reality パートナーに関する情報は以下をご参照ください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/hololens/partners.aspx

ハニカムラボは2017年11月に開発パートナーとして認定され、HoloLensを用いた様々な事例を開発、提供しています。

■ハニカムラボについて
ゲーム業界出身のメンバーたちとWeb業界出身のメンバーたちがそれぞれの得意ジャンルを持ち寄り、多くの人が楽しめるコンテンツを生み出すテクノロジー集団です。ゲーム開発技術による表現力とインターネット技術を融合させ、様々なアイディアを実現します。
特に、xR (VR / AR / MR)、デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンアプリの開発を得意とし、様々な企業のデジタルプロモーションやイベント、商業施設の常設展示コンテンツ等の企画・開発を担当、国内外の広告賞なども数多く受賞履歴があります。
公式サイト:https://www.honeycomb-lab.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ハニカムラボ 担当:田中
e-mail : hololens@honeycomb-lab.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハニカムラボ >
  3. ハニカムラボ、竹中工務店と共同で建築現場の施工をアシストするHoloLensアプリを開発。メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボレーションした体験施設の建築現場において活用