ICHIGOICHIE CONSULTING, INC.がフィリピン人材育成のために学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を導入

フィリピン人材に特化した人材コンサルティグ会社、ICHIGOICHIE CONSULTING,INC.は「Monoxer」を活用し、日系企業向けにフィリピン人材の育成・就労支援を開始いたします。

モノグサ株式会社(東京都千代田区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑)の提供する学習プラットフォーム「Monoxer」が、ICHIGOICHIE CONSULTING,INC.(Philippine Cebu 代表者:Issei John Miura)で導入されることになった旨をお知らせいたします。

ICHIGOICHIE CONSULTINGにおけるMonoxerの導入背景

フィリピン人材に対しては、人柄や勤務態度、英語力という観点で、IT領域やサービス業等をはじめとして、外資のみならず、日系企業からの引き合いも強くなっております。一方で、日本語教師の絶対数が少ないなどの理由から、十分な日本語教育環境が整備できず、企業のニーズに応えきれていない状況でした。

また少子高齢化による慢性的な人材不足が続く日本の介護現場においても、昨年施行された新しい在留資格である特定技能を活用し、フィリピンからの人材供給が期待されています。

そういった背景から、ICHIGOICHIE CONSULTINGではフィリピン国内での日本語教育を強化するため、日本国内の複数の日本語学校と提携し、オリジナルの日本語教育メソッドの開発を進めていらっしゃいました。

開発にあたっては、日本語教育・人材育成のDX推進を重要な課題として検討する中で、Monoxerの「手書き認識機能」を活用した漢字習得や、「文章虫食い形式」等を活用した、語彙力アップに価値を感じていただき、導入いただく運びとなりました。


ICHIGOICHIE CONSULTINGにおけるMonoxerの活用について

同社は世界数十か国に拠点を持つグローバル企業から委託を受け、日系企業向け部門に所属する従業員の日本語教育を担っておりますが、その教育プログラムの一貫として、Monoxerを活用した日本語能力向上に取り組まれております。

新型コロナウイルスの影響により、集合研修の実施が難しいことから、個人で学習が進められるMonoxerを活用しながら、これまでと変わらぬクオリティと効率で人材育成を進められる予定です。

また、現在、現地の教育機関と提携し、介護を中心とした特定技能試験合格を目指す新クラスにて、Monoxerを活用した日本語学習・日本の文化や生活習慣等のマナー学習が行われる予定です。

ICHIGOICHIE CONSULTING, INC.」について
フィリピン人材に特化した人材育成及び活用のコンサルティングサービスを提供しています。フィリピンのセブを拠点にフィリピン全土にネットワークを張り巡らし、人材の確保・育成の仕組みを構築しています。
ジョブフェアの開催や大学へのインターンシップの案内等、フィリピン人材の活用における様々なサービスを展開してます。グローバル企業の日本語教育やジャパンスタンダードのビジネスマナー教育を行うなど、教育事業に注力しています。
https://www.ichigoichie-jp.com/

「モノグサ株式会社」について
モノグサ株式会社は、学習プラットフォーム「Monoxer」の開発・提供をしております。
Monoxerは、先生が覚えて欲しい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成されます。生徒は作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習していきます。
また、生徒の習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整されるため、生徒一人ひとりのレベルにあった学習が実現できます。
手書き認識機能や、音声生成・認識機能も搭載されており、20ヶ国語に対応しているため、海外の方に日本語を学習していただくなど、幅広いユースケースでご利用いただいております。
https://corp.monoxer.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モノグサ株式会社 >
  3. ICHIGOICHIE CONSULTING, INC.がフィリピン人材育成のために学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を導入