既存のWebサイトにAR機能を導入できる「webAR」のLPを公開しました。

面倒で高コストなアプリ不要!既存のwebサイトにURLを埋め込むだけで使えるAR!

AR(拡張現実)を研究・開発・サービス提供するKAKUCHO株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:竹本泰輔、 以下:KAKUCHO)がスマートフォンのWebブラウザ上で使用するARで、簡単に導入可能なAR「webAR」のLPを公開しました。

ECサイト、家具メーカー、楽器メーカーなど多方面から好評をいただいているブラウザ上で使用するwebARの
LPを公開しました。

https://webar.pro/

ビジュアルと動画によって、わかりやすくサービスの内容や導入までの流れ、実際にwebARを導入された企業様からの反応など文章や資料では、お伝えしずらかった部分をまとめた内容となっているのでご覧ください。
まずはwebARはどのようなものか体験してください。

スマートフォンでご覧の方は下記リンクより、PCでご覧の方はQRコードをスマートフォンで読み込んでいただくことで、webARを体験できます。
右上のキューブ型のアイコンをタップしていただくことでARが起動いたします。
iOSのみの対応となっています。safariかchromeでご覧ください。※ iOS 12.0以上 (12.1推奨)
・人物
https://kakucho.com/kakucho-ar-preview/objects/human.usdz


・スニーカー
https://kakucho.com/kakucho-ar-preview/objects/shooes.usdz


・家
https://kakucho.com/kakucho-ar-preview/objects/house.usdz


・カバン
https://kakucho.com/kakucho-ar-preview/objects/bag.usdz









↓以下webARについての概要

■「webAR」について
「webAR」では、大きく費用のかかっていたアプリの開発が不要で、今お持ちのホームページに埋め込むことで、使用出来るためARの導入コストを大きく抑えることが可能です。また、safariやchromeなどのよく利用されているスマートフォンのWebブラウザでARを見ることができ、利用者側の手間もかからず気軽にARで製品の確認を出来る事が出来るようになりました。



■「webAR」のメリット
 

 

 

 


■「webAR」で出来る事
【商品などの3Dオブジェクトを実物大で表示することが可能】
カタログやWEBページなどにこのwebARを導入することで様々な商品を表示できるので紙面だけの情報ではなく3Dの情報も加わることでより具体的にイメージすることが可能です。
実物の3Dデータが表示できるため、実際の大きさで表示できるだけでなくカラーのパターンなども作成が可能です。ARで商品を表示することで実際に使用する場所に設置可能かどうかのサイズ確認やカラーはどのような感じになるのかの確認がwebに埋め込まれたリンクをタップするだけで簡単に行うことが出来ます。

【10秒までアニメーションをつけることが可能】
アニメーションをつけることが可能です。3Dのデータを動かすことができるので、PRなど展示会や説明会など話題性を作ることができます。アニメーションについての詳細についてはお問い合わせください。


■導入推奨企業様
・EC業者様
・エクステリア・建築資材メーカー様
・インテリア・家具業界様
・FA業界様
・楽器メーカー様
・家電メーカー様
など様々な業界様にご導入いただけます

「webAR」についてのご説明資料がありますのでより詳しく知りたい方は下記のアドレスまでお問い合わせください。
info@kakucho.com

■会社概要
商号 :KAKUCHO株式会社
代表者 :代表取締役 竹本 泰輔
所在地 :東京都渋谷区神宮前3-5-13-301
設立 :2017年8月
事業内容 :アプリ/ウェブサービスの開発・提供、Eコマース
資本金 :4,370万円(2019年6月時点)
URL :https://kakucho.com/
(代表表取締役社長: 竹本 泰輔)

  1. プレスリリース >
  2. KAKUCHO株式会社 >
  3. 既存のWebサイトにAR機能を導入できる「webAR」のLPを公開しました。