『インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブとEdgecrossコンソーシアムが包括協定を締結』

 一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(理事長 西岡靖之 法政大学教授、以下IVI)と、一般社団法人Edgecrossコンソーシアム(代表理事 森田温、以下ECC)は、スマート製造の発展に寄与することを目的とした活動の推進で連携する合意文書(MoU)に調印しました。この合意に基づき、IVIとECCは、スマート製造に関する技術の推進やユースケースの創出等の活動を協力して行い、SDGsやカーボンニュートラルなどの社会課題解決への貢献を目指します。

合意内容
 1.スマート製造に関する技術の推進
 2.ユースケースの創出、共有および活用の促進
 3.成果報告会等のプロモーションでの相互協力
 4.その他以下を含む互いに必要と認める活動における相互協力の推進
  ①研究交流及び人材交流
  ②会員間交流の促進
  ③人材育成の相互支援

両団体からのコメント
 1.一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI) 理事長 西岡 靖之
  スマートな製造業が、現場改善とともにデジタル化を進め、設備と設備、設備と人、そして人と人とがスマートにつながる新しい時代がもうすぐやってきます。
  本連携が、そうした新たな時代へ向けての大きな一歩となるものと期待しております。

 2.一般社団法人Edgecrossコンソーシアム(ECC) 代表理事 森田温
  製造業のスマート化を実現するためには、様々な知見を持ち寄り協調することが重要となります。
  今まで進めて参りましたECCの活動に加えて、本連携をスタートすることで製造業のスマート化に、より一層貢献できるものと期待しております。
 
両団体に関して
 1.一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)
  IoT 時代におけるものづくりと IT の融合によって可能となる“つながる”ものづくりを、“ゆるやかな標準”
  というコンセプトをもとに実現することを目的として 2015年6月に設立された製造業を中心としたフォーラムで、国内外で 240社以上が参加し、製造業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進しています。
  組織変革のためのメソッド「スマートシンキング」をハノーバーメッセ等で紹介するとともに、毎年15以上のユースケースの実証実験を通して、つながるものづくりの実現のための具体的なソフトウェア環境等も提案しています。

 2.一般社団法人Edgecrossコンソーシアム(ECC)
 「Edgecross」の普及推進を目的に2017年11月に設立。コンソーシアム会員は370社以上となり、FAとITの協調を実現するオープンなエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム「Edgecross」のライセンス販売数は約3,500ライセンス(2021年9月末日現在)。

問合せ窓口
 一般社団法人Edgecrossコンソーシアム 事務局
 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8機械振興会館 本館 301-2号室
 電話番号:03-5843-7992
 E-Mail : info@edgecross.org
 Web:https://www.edgecross.org

 一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ 事務局
 〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-28-302
 TEL:03-6272-6021
 FAX:03-6272-6023
 E-Mail:office@iv-i.org
 Web:http://iv-i.org/
 担当:事務局 鎌田正雄
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人Edgecrossコンソーシアム >
  3. 『インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブとEdgecrossコンソーシアムが包括協定を締結』