年率国内最高水準のHashHubレンディング、暗号資産貸出サービスの先行利用ユーザーを募集開始

株式会社HashHub(本社:東京都文京区)は、2021年1月6日よりHashHubレンディング(https://hashhub-lending.com/ )の先行利用ユーザーの募集を開始します。


HashHubレンディングはユーザーが保有している暗号資産(BTCやETH)を貸出しながら貸借料を得られるサービスです。

背景

ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Etheruem)をはじめとする暗号資産は重要な資産クラスとしての地位を日々着実に高めています。一方、世界中で金融緩和が行われ、法定通貨はインフレーションにより相対的価値を落としています。そのなかでビットコインは誰もが供給量を変更することができない新しいお金としての価値を高めています。イーサリアムは公共的に誰でもアクセスできるステートデータベースかつ、新しい時代のアプリケーションインフラストラクチャであり、暗号資産ETHはそれを利用するための燃料として機能します。

暗号資産が重要な資産として認められつつある中で、HashHubでは暗号資産を元に安心して資産形成できる選択肢を提供したいと考え、サービスを開始いたしました。

HashHubレンディング4つの特徴

国内最高水準の年率
HashHubレンディングの年率は国内最高水準です。魅力的な年率で資産の活用ができます。2021年1月時点での募集年率はBTC6%、ETH6%、DAI10%です。

貸しておくだけ、毎月増える

ユーザーは貸出暗号資産に対して毎月貸借料が付与されるため、複利的な効果が得られます。また毎月自動で再貸し出しされますので、ユーザは一度レンディングを始めれば特に何もしなくても暗号資産を増やせます。

解約手数料なし、好きな月に引き出し可能

HashHubレンディングでは、長期間のロックアップや解約手数料が発生しません。ユーザーは柔軟なポートフォリオ管理ができます。契約は1ヶ月ごとの自動更新です。ユーザーはいつでも引き出し申請でき、申請をしてから翌月末までがレンディング期間となります。

セキュリティ重視のサービス設計

HashHubレンディングを行うチーム内でのセキュリティ体制、返還時のホワイトリスト必須化など万全な状態で管理しており、AMLにも対応しています。

先行利用のお申込み方法

2021年1月現在、先行公開という形式をとっており100万円相当以上の暗号資産をお申込みのユーザーのみに利用を限定しております。サービス概要の詳細は下記のサービスサイトをご覧ください。

HashHubレンディング https://hashhub-lending.com/  

正式公開は2021年初夏を予定しており、様々な機能を企画して鋭意リリース準備中です。

HashHubについて

2018年4月に設立。「We Build Choice」を掲げて新しいコンテキストを前提にした選択肢を創出します。ブロックチェーン総合企業として自社プロダクト開発、ブロックチェーン業界リサーチレポート提供、国内企業をクライアントにしたブロックチェーン関連の開発支援などを行っています。また、東京大学周辺エリアを拠点に国内外のブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営しています。

HashHub Research

HashHub Researchでは、暗号資産やブロックチェーンのレポートを提供しています。法人・個人向けのサービス共に国内で広く利用されており、毎月20本以上公開されるレポート購読やイベント参加が可能です。専門媒体として業界企業や投資家に特に利用されています。
https://hashhub-research.com/

HashHub 採用情報

HashHubではエンジニア・経営幹部候補・クリプトクオンツなど様々なポジションを募集しています。ご興味ある方は採用サイトや、サイト内の会社説明資料をぜひ御覧ください。
https://recruit.hashhub.tokyo/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HashHub >
  3. 年率国内最高水準のHashHubレンディング、暗号資産貸出サービスの先行利用ユーザーを募集開始