シネックスジャパンがアンカー・ジャパンと販売代理店契約締結

従来よりテレワーク導入支援を強化するシネックスジャパンが、法人向けにAnker製品を提供開始

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)
と、”充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」を軸とするハードウェアメーカー
・Ankerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:
井戸義経、以下「アンカー・ジャパン」)は、販売代理店契約の締結を完了し、2020年4月2日より
Anker製品の提供を開始した旨、発表いたします。
シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)と、”充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」を軸とするハードウェアメーカー・Ankerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:井戸義経、以下「アンカー・ジャパン」)は、販売代理店契約の締結を完了し、2020年4月2日よりAnker製品の提供を開始した旨、発表いたします。

アンカー・ジャパン参考ページ
https://www.synnex.co.jp/vendor/vendors/AnkerJapan/

 

昨今、新型コロナ感染予防を受けテレワーク推進を検討する民間企業は増加の一途をたどっています。そのような中、各従業員が在宅勤務を効率的に行うためには、スマートなコミュニケーションが欠かせません。

メールやWeb会議の場所を選ばずにスマートに行うために、コンシューマー・エレクトロニクス市場で人気の高いAnker製品の需要が、法人市場でも高まりを見せています。

ノートPC付属品よりコンパクトな上、60Wの高出力を実現した急速充電器や、会議用Bluetoothスピーカーフォンは、オフィス利用はもちろん、自宅など就業場所を選ばないワークスタイルにおける利便性の高さが市場で高く評価されています。

シネックスジャパンのパートナーは、従来より民間企業のテレワーク導入支援を強化する当社より、Anker製品も含めた利便性の高いテレワークソリューションのハードウェア販売を、当社の保有するテレワーク推進に向けた各種情報とあわせて取り扱えるようになります。

 今回のシネックスジャパンとの契約締結は、アンカー・ジャパンにとって、日本国内法人市場の販売網のさらなる拡大とテレワークも含めた様々なライフスタイルにおけるソリューションの提案を目的としています。

今後もシネックスジャパンは、目標、戦略、リソース、テクノロジーソリューションを共有することで、顧客、ビジネスパートナー、従業員が成功を収めることを支援します。

賢い投資、イノベーション、ソリューションベースの製品により、すべてのステークホルダーに対する企業価値を高めます。


シネックスジャパンについて
シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。
シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※SYNNEX Corporationは全世界26ヵ国で225,000人以上の従業員が勤務し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国Fortune 200社(2019年度158位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。Fortune 200ランキングについての詳細な情報は、
http://www.fortune.comをご参照ください。

【本件に関するお問い合わせ】
〒135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスジャパン株式会社
デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail : pr@synnex.co.jp
 
※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。
©2020 SYNNEX Japan Corp.

 

  1. プレスリリース >
  2. シネックス >
  3. シネックスジャパンがアンカー・ジャパンと販売代理店契約締結