CLTを用いたサスティナブルな社屋が兵庫県丹波市に完成

オーケングループ社屋竣工/日本CLT技術研究所の加盟店である荻野建設株式会社が施工

岡山県岡山市に本社を置く住宅メーカーのライフデザイン・カバヤ株式会社(取締役社長:窪田健太郎)が運営する、フランチャイズネットワーク本部『日本CLT技術研究所』が開発した オリジナルCLTパネル工法 『LC-core(エルシーコア)構法』を用いた『オーケングループ社屋』を、同グループ内の建設会社で『日本CLT技術研究所』における兵庫県の加盟店でもある『荻野建設株式会社』(兵庫県丹波市/代表取締役:荻野憲夫)が完成させ、11月1日(月)に竣工しました。
今までは『鉄』、『コンクリート』の建物の時代だったが、『脱炭素』の時代に向けていかに木材を使うか、林業を助けるという意味でも、CLTを使った建物にチャレンジしていきたいと荻野会長は考えております。

 

新社屋外観新社屋外観

内観写真内観写真

内観写真内観写真

  • ​建物概要
工事名称:オーケングループ新社屋新築工事
施主名:荻野建設株式会社/兵庫県丹波市春日町黒井391
建築地:兵庫県丹波市春日町平松
構造:LC-core構法 2階建て
建築面積:1,075.01m2(325.19坪)
延床面積:1,129.58m2(341.69坪)
竣工予定:2021年11月1日
使用CLT立米数:183.17m3

日本CLT技術研究所では、CLTを用いた建物を供給できる加盟店企業を募集するとともに、加盟店企業の活動を通して全国へ向け『CLT建築』及び『LC-core構法』の普及拡大を目指しています。

価格面において、3年前の設立当初に比べ、CLTパネルが約15%、接合金物が約40%と価格が下がってきており、適材適所に配置するCLTパネルの設計効率の向上結果が寄与していると考えております。

また、今年の4月から6月末までの第1四半期において、8社の加盟申込みがあり、その注目度が伺えます。
今年度(~2022年3月)は累計加盟目標40社を目指しています。
 
  • 荻野建設株式会社
本社:兵庫県丹波市春日町黒井391
  ライフデザイン・カバヤ株式会社が運営するフランチャイズネットワーク本部
設立:2018年4月20日
本部:東京オフィス/岡山オフィス
フリーダイヤル:0120-50-6663
Facebook:https://www.facebook.com/nclFAN/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC0oL2XQytTDac9nnj6nzamw
  設立:1972年12月1日/カバヤ小掘住研株式会社として設立
1990年/エス・バイ・エル・カバヤ株式会社に社名変更
2017年/ライフデザイン・カバヤ株式会社に社名変更
資本金:9,000万円
売上高:263億円(2021年3月期)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本CLT技術研究所 >
  3. CLTを用いたサスティナブルな社屋が兵庫県丹波市に完成