エル・システマジャパン『活動報告書 2019年度』発表

一般社団法人エル・システマジャパン(本部:東京都千代田区、代表理事:菊川 穣)は、『活動報告書 2019年度 (Annual Report 2019)』 を発表し、2019年4月から2020年3月までの活動と成果を報告します。

FESJ2019FESJ2019

希望する子どもたちが、無償で参加でき、子どもたち同士で学び合うエル・システマの音楽教育。

2012年に東日本大震災の被災地で始まった活動は、被災地以外や障害のある子どもたちにも広がっています。
2019年度も直接的支援(子どもオーケストラ、子どもコーラス、作曲教室)、学校を通じた支援(部活動支援、音楽事業支援、専門家の派遣)、総合的な支援(楽器の購入、修繕)の3つの支援策を柱に各地やグループの状況に応じた支援を行い、約2,300人の子どもたちを支援することができました。

『活動報告書 2019年度』では、2019年に多くの発表の機会に恵まれ国内外のアーティストや仲間と共に音楽体験を深めて一段と成長致した、各地での子どもたちの活動やコンサートの様子をはじめ、皆様からお預かりを致しましたご支援による会計のご報告や、今後のご協力方法も掲載しています。
 


デザインは、団体設立時からエル・システマジャパンのロゴ、ブランディング(HPデザイン、団体や、様々なコンサートのチラシ、ポスター作成)を手がけて頂いている、dunaco design studioの舟越一郎さん(京都市立芸術大学教授) に本年度も手がけて頂きました。

2020年度に入り、予定をしていた公演の中止や、集まっての練習が難しくなるなど、今までに経験のない困難もありますが、それでも音楽の灯りを絶やさず、今は仲間とステージで演奏をできる日を心待ちにしながら、子どもたちは練習に励んでいます。

 今後も、エル・システマジャパンの活動へのご理解とご支援を、よろしくお願いします。

エル・システマジャパン 『活動報告書 2019年度』
https://www.elsistemajapan.org/reports

■団体概要
・会社名:一般社団法人エル・システマジャパン
・所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-24 大栄堂第2ビル3F
・代表者:菊川 穣
・設立:2012年3月
・URL:http://www.elsistemajapan.org/
・事業内容:エル・システマジャパンは、東日本大震災の被災地の子どもたちを支援するために、2012年3月に設立され、「音楽を通して生きる力を育む事業」を実施しています。子どもたちは、音楽経験の有無にかかわらず、無償でオーケストラやコーラスに参加し、音楽を学び奏でることで集団としての協調性や社会性を育み、社会との関わりをつくり、生きる力を身につけていきます。現在、福島県相馬市、岩手県大槌町、長野県駒ケ根市でのオーケストラとコーラス(相馬のみ)に加え、視覚や聴覚に障害のある子どもたちなどによる東京ホワイトハンドコーラスの活動を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人エル・システマジャパン >
  3. エル・システマジャパン『活動報告書 2019年度』発表