Database-agnosticなアプリケーションの実現に向けて、Scalar DB 3.0 をリリース

株式会社Scalar(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼 CTO山田浩之)は、汎用的なトランザクションマネージャおよびトランザクションインターフェースのScalar DBにおける新しいメジャーバージョン3.0を公開しました。Scalar DB 3.0では、これまで対応していたApache Cassandra、Azure Cosmos DB、Amazon DynamoDBに加えて、MySQLとPostgreSQLへの対応を追加致しました。多様なデータベースの対応により、Scalar DBを用いたアプリケーションは、高いポータビリティを実現します。
Scalar DBは汎用的なトランザクションマネージャおよびトランザクションインターフェースであり、ACID特性をもたないデータベースやストレージをScalar DBを介して操作することにより、ACIDトランザクションを実行可能とするソフトウェアです。これまでは、トランザクション機構をもたない分散データベースのみをサポートしていましたが、今回リリースするバージョン3.0においては、新たにリレーショナルデータベースであるMySQLとPostgreSQLへの対応を追加致しました。

多様なデータベースに対応することにより、Scalar DBを用いたアプリケーションは高いポータビリティを実現します。例えば、初期はScalar DBアプリケーションのデータベースにMySQLを利用し、当該アプリケーションの利用者数やアクセス数が増えた際に、データベースを高いスケーラビリティを有するAzure Cosmos DBやAmazon DynamoDBへ移行するということが、アプリケーションの書き換えなしに行うことが可能となります。

今後は、データベースの移行等を支援する移行ツールの開発、複数のデータベースを跨るトランザクション機構の開発、GraphQL等に対応した汎用フロントエンド等を開発していく予定です。また、弊社のもう一つの主力製品である、改ざん検知性をもつデータベースシステムのScalar DLにおいても、Scalar DB 3.0への対応を行うことにより、多様なデータベース上での実行が可能となる予定です。

Scalar DBとは
Scalar DBは、汎用的なトランザクションマネージャおよびトランザクションインターフェースです。Apache License 2.0の元で公開されています。
https://github.com/scalar-labs/scalardb

Scalar DLとは
Scalar DLは、「高い改ざん検知性」「高いスケーラビリティ」「強い一貫性」等の性質を併せ持つScalar社独自のデータベースソフトウェアです。
https://github.com/scalar-labs/scalardl

株式会社Scalar
2017年12月に設立。汎用的なトランザクションマネージャScalar DBおよび改ざん検知性とスケーラビリティを有するデータベースシステム Scalar DLの研究・開発を行うソフトウェアベンダー。「The World's Reliable Database」をビジョンとして掲げ、高い信頼性を有する独自のデータベースを活用し、企業のDXを推進することをミッションとしている。
https://scalar-labs.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Scalar >
  3. Database-agnosticなアプリケーションの実現に向けて、Scalar DB 3.0 をリリース