ゲームで培った人工知能技術の可能性を拡大「エンタテインメントAI」の研究開発・事業推進を目的に新会社「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を設立

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下当社)は、当社グループがデジタルエンタテイメント領域で培ってきた人工知能(以下AI)に関する知識・ノウハウを、ゲーム分野だけでなく、エンタテインメント全般の領域で活用できる「エンタテインメントAI」として研究開発・事業推進することを目的とした新株式会社「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を設立します。

「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」コーポレートロゴ「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」コーポレートロゴ


 当社グループは、「最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する。」を企業理念に、デジタルエンタテインメント・出版・アミューズメント・ライツプロパティ等の事業を推進しています。当社グループの数ある技術の中でも、ゲームで使用されるAIとコンピューターグラフィックス(CG)等のアートに関する技術は、当社グループの事業領域を超え、様々なエンタテインメント領域において、貢献が可能です。

 今後、5Gを含む次世代の通信規格、XRなど様々な技術革新が行われていく中で、新たなエンタテインメントが創出されると考えております。「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」は、当社グループに蓄積されたAIとアートに関する知識・ノウハウをゲームだけにとどまらず、広く「エンタテインメントAI」として研究開発を推進するとともに、他のエンタテインメント企業との連携も視野に入れた新たな事業分野を創出することを目的に始動します。

 

■ スクウェア・エニックス・AI &アーツ・アルケミー 概要
会社名:株式会社スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー
    (英語社名:SQUARE ENIX AI & ARTS Alchemy Co., Ltd.)

代表者:代表取締役会長CEO:松田 洋祐
    代表取締役社長COO:レミ ドリアンクール


取締役:CTO:三宅 陽一郎
    CAO(Chief Art Officer):野末 武志

所在地:東京都新宿区新宿6丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア

設立日:2020年3月2日(月)

事業内容:AI技術・CG技術・アートを組み合わせた製品の研究開発・事業推進

<ご参考>
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスについて
​​株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスは、多彩なコンテンツ/サービス事業を展開しているスクウェア・エニックス・グループを統括する純粋持株会社です。当社グループは、スクウェア・エニックス、タイトー、アイドスなどの国際的ブランドのもと上質なエンタテインメント・コンテンツ/サービスを提供しています。また、先進的な開発拠点を日本、北米および欧州に配置し、国際的な事業推進体制を構築しています。当社グループの自社IPの代表作には「ドラゴンクエスト」シリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数8,100万本以上)、「ファイナルファンタジー」シリーズ(同1億5,100万本以上)、「トゥームレイダー」シリーズ(同7,700万本以上)、「スペースインベーダー」シリーズなどがあります。(https://www.square-enix.com/)​​​​​

※SQUARE ENIXおよびSQUARE ENIXロゴ、ドラゴンクエスト/DRAGON QUEST、ファイナルファンタジー/FINAL FANTASY、トゥームレイダー/TOMB RAIDER、スペースインベーダー/SPACE INVADERS、その他の社名、商品名は、日本およびその他の国におけるスクウェア・エニックス・グループの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス >
  3. ゲームで培った人工知能技術の可能性を拡大「エンタテインメントAI」の研究開発・事業推進を目的に新会社「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を設立