【アゴダ】アゴダが旅をもっと手軽にするトラベルガイドを開始

自然、ビーチ、グルメ、名所、文化―。世界で最も急成長しているオンライン旅行会社(OTA)のひとつであるアゴダの最新調査によれば、旅行の最たる動機はこの5つです。

それらすべてを求める旅行者にも役立つのが「アゴダ トラベルガイド」<https://www.agoda.com/ja-jp/travel-guides/japan/tokyo>です。モバイルでもPCでも、簡単に行きたい旅行先について調べることができます。アゴダ トラベルガイドはまず人気の5大都市である台北<https://www.agoda.com/ja-jp/travel-guides/taiwan/taipei>、東京<https://www.agoda.com/ja-jp/travel-guides/japan/tokyo>、ソウル、大阪、パリで開始し、2019年末までに順次都市を増やしていく予定です。

詳細なアゴダ トラベルガイドには、十人十色の旅行プランに真に役立つ、現地の情報通だけが知る情報が満載です。アゴダの「利用実態および動向調査2019」によれば、日本、韓国などの北アジアと、シンガポールをはじめとする東南アジアの人々にとっての旅行の最大の理由はグルメで、北アジアで67%、東南アジアで61%の人が美食体験を旅行で最も重要視しています。そんな美食家にとって特に便利なのが、このアゴダ トラベルガイドです。ソウルのベストレストランも、東京で絶対にトライしたい料理<https://www.agoda.com/ja-jp/travel-guides/japan/tokyo/tokyo-food-101-essential-japanese-food-traditional-drinks-to-try>も、家族で楽しめる台北のグルメ<https://www.agoda.com/ja-jp/travel-guides/taiwan/taipei/taiwanese-food-guide-irresistible-snacks-famous-markets-taipei>もすぐに見つかります。

初めて訪れる渡航先でも安心できる重要な基本情報や空港情報に加え、多彩な旅程や日帰りプランを掲載しているので、自分に合った旅を計画するのにとても役立ちます。おすすめの観光スポット、ナイトライフ、ショッピング、グルメなどの情報が揃っているので、新たな体験や、新しいスキルの取得、お気に入りのスポットの再発見など、旅を最大限に生かして目的を果たすことができるでしょう。またアゴダ トラベルガイドなら、家族旅行でも一人旅でも大人数の旅でも、ぴったりの宿泊施設を見つけ、詳細を知ることができます。

「旅行はこれまでにないほど手軽になりましたが、いまだに旅行者が苦労するのは、どこへ行くかを決めることと、その渡航先についての詳しい情報をどのように入手するかです。アゴダ トラベルガイドなら、旅行中でもモバイルで手軽にアクセスでき、飲食情報をはじめ、文化的なスポット、お勧めのバーやショッピング、最高にロマンティックなスポットなどの情報が網羅されています」(アゴダ PPCマーケティング部門アソシエート・ディレクター、アダム・フォーダーのコメント)

情報通によるヒントは、旅慣れた旅行者がそれぞれの渡航先でさらなる魅力を掘り起こすのに役立ちます。また、街の歴史や文化、伝統などについての豆知識を紹介する「アゴダMemo」というコーナーを読めば、渡航先の雰囲気をつかむことができます。

アゴダ トラベルガイドは現在、日本語、タイ語、韓国語、ベトナム語、中国語(簡体字・繁体字)をはじめとした20か国語以上でご覧いただけます。「誰にとっても旅を身近にする」というアゴダの使命の一環として、年内に利用言語をさらに増やし、さらに内容の充実を図っていく予定です。

アゴダ トラベルガイドはこちら<https://www.agoda.com/ja-jp/travel-guides/taiwan/taipei>でご覧いただけます。


【アゴダ®について】
2005年にシンガポールにてITスタートアップ企業として創業したアゴダは、世界で最も急速な成長を続けるオンライン旅行予約プラットフォームの一つです。今日、世界200以上の国や地域において200万以上の宿泊施設を取扱っており、ラグジュアリーホテルから格安ホテルはもちろんのこと、アパートメント、民泊物件、ヴィラやスイートなど、様々な予算レベルや旅行のシーンに対応する幅広いチョイスを世界中の旅行者に提供しています。シンガポールに本社を据え置き、Booking Holdings(Nasdaq:BKNG)の傘下企業として現在、30カ国以上53の都市に事業所を構え、総従業員数は4,000人以上に上ります。また、ウェブサイトのAgoda.comおよびモバイルアプリは38カ国語でご利用いただけます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Booking Holdings Inc., >
  3. 【アゴダ】アゴダが旅をもっと手軽にするトラベルガイドを開始