フリーライドスキー・スノーボードのジュニア大会「FJT」でK2ジャパンがアバランチギアを提供

装備が義務付けられている雪崩ビーコンなどをジュニア(10-18歳)の選手に無料でレンタル

世界を転戦するスキー、スノーボードのフリーライドの大会、"Freeride Wourld Tour(FWT)"のジュニア部門である"Freeride Junior Tour(FJT)"では、大会に出るジュニアライダーにアバランチギアの大切さを知ってもらうため、年間に行われる70大会全てで出場選手にアバランチギアとバックプロテクターの装着を義務付けています。

アバランチギアとは、雪崩の際に理没者を捜索するための道具の事です。一般的に、ビーコン、ショベル、プローブ、この3点セットがアバランチギアと呼ばれます。

左からビーコン、ショベル、プローブ左からビーコン、ショベル、プローブ



フリーライドの楽しさを知り、大自然の雪山のフィールドに興味を持つジュニアライダーに対して、そこでのリスクとそのマネジメントも合わせて伝えることは、FWTの義務だと考えています。

今シーズン、日本国内のジュニアの大会では、K2ジャパン様にサポート頂いて、出場選手には無料でアバランチギアとバックパックをレンタルしています。

3/23-24にキロロリゾート(北海道余市郡赤井川村)で行われるFreeride Kiroro Juniors1*(10-18歳のスキーヤー、スノーボーダー対象)はまだ出場選手募集中です。アバランチギアの無料レンタルもありますので、ぜひ気軽にチャレンジしてください!

大会申し込みはこちら:https://freerideworldtour.jp/japan-series/freeride-kiroro-juniors-1-2019/
 




【Freeride World Tour(FWT)とは】
FWTは1996年にスイスで第一回大会が行われ、その規模はフリーライドファンの増加と共に拡大。現在は世界で唯一最大のフリーライドの世界ツアーとなりました。(2017年は男女・スキー・スノーボード・予選・ジュニア合わせて5600人以上の選手が世界を転戦し、合計150大会が欧州・北米・南米・オセアニア・アジアで実施されています。)
FWTは、日本国内でも長野県白馬村で1/19(土)に行われた世界の5大大会の一つ、Freeride World Tour Hakubaをはじめ、舞子リゾート、キロロリゾート、ロッテアライリゾート、白馬コルチナスキー場で、予選シリーズ(Freeride World Qualifier)、ジュニア部門(Freeride Junior Tour)など9つのイベントを開催しています。

【フリーライドスキー・スノーボードについて】
フリーライドは、ゲレンデ滑走だけでなく山の自然な地形を楽しむ新しいウィンタースポーツのスタイルで、世界及び日本でも人気が高まっています。特に日本の質の高い大量のパウダースノーは海外で「Japow」(Japan + Powder Snow)と呼ばれ、日本は最高のフリーライド体験が得られる国の一つとして国際的に認知されてきています。

◆ウェブサイト◆
http://freerideworldtour.jp/ (日本)
https://www.freerideworldtour.com/ (インターナショナル)
http://www.k2japan.com/ (K2ジャパンウェブサイト)

◆公式SNS◆
-Facebook
https://www.facebook.com/FreerideWorldTour/
-Instagram
https://www.instagram.com/freerideworldtour/
-YouTube
https://www.youtube.com/user/FreerideWorldTourTV/
-TikTok
http://vt.tiktok.com/J1YKQ5/  
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FWTジャパン株式会社 >
  3. フリーライドスキー・スノーボードのジュニア大会「FJT」でK2ジャパンがアバランチギアを提供