デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2019で「登美の丘 甲州 2017」がプラチナ賞を受賞

サントリーワインインターナショナル(株)の国産ぶどう100%ワイン“日本ワイン”「登美の丘 甲州 2017」は、「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード(DWWA:Decanter World Wine Awards)2019」において、プラチナ賞を受賞しました。プラチナ賞の受賞は、当社として初めてで、今回、日本を含むアジアから出品されたワインで唯一の受賞となりました。

DWWAは2004年から開催している、毎年10,000点以上のワイン出品数を誇る世界最大級のワインコンクールです。「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」などとならび、最も注目される国際的なワインコンクールの一つです。

今回の受賞は、当社のこれまでのワインづくりに対する取り組みと品質が高く評価されたものと、大変意義深く受け止めています。今後もお客様に日本ワインの魅力を発信し続けるとともに、さらなる価値向上と認知拡大に取り組んでいきます。

●「登美の丘 甲州 2017」について
「登美の丘」はつくり手の技と情熱が結実した、登美の丘ワイナリーを代表する定番ブランドです。自社農園産ぶどうを100%使用して生み出される味わいは、国内外で高く評価いただいています。「登美の丘 甲州 2017」は、りんごや洋ナシの果実の香りと、ミントやカモミールのような清涼感のあるハーブの香りが特長です。心地よい酸味に続いて甲州特有の渋みがアクセントとなり、引き締まった味わいの辛口タイプの白ワインです。

●「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード」について
英ワイン専門誌「デキャンター(Decanter)」がロンドンで2004年から主催している、毎年10,000点以上のワイン出品数を誇る世界最大級のワイン コンクールです。審査員は、ワインメーカー、ワインジャーナリスト、世界のワイン関連資格の中で最も合格が難しいと言われている「マスター・オブ・ワイン」の資格所有者など、ワインのエキスパートが務めます。審査は、ワインのラベルを隠したままテイスティングする「ブラインドテイスティング」方式で、審査員の数度にわたる選考を経て評価されます。

 ▼サントリー“日本ワイン”について  https://suntory.jp/NIHON/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サントリーホールディングス株式会社 >
  3. デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2019で「登美の丘 甲州 2017」がプラチナ賞を受賞