2019年「MaaS(Mobility as a Service)」注目ビジネスモデルに関するグローバル調査(中国・アジアパシフィック編)

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、2019年11月7日に 市場調査レポート“2019年「MaaS(Mobility as a Service)」注目ビジネスモデルに関するグローバル調査(中国・アジアパシフィック編)”を発刊したが、改めて「当該レポート」に関する宣伝を強化した。
■はじめに

2019年度がスタートして7ケ月が過ぎたが、「MaaS(Mobility as a Service)」のメガトレンドについて、グローバルな視点で見て、注目ビジネスモデルまたは代表的なビジネスモデルを図解・考察することが求められている。

今回であるが、「MaaS(Mobility as a Service)」ビジネスの大枠をパッと見て、ビジュアルで捉えることができる調査レポートを目指した。今回の調査対象は中国・アジアパシフィクエリアとした。

また、20の注目事例を調査・抽出・図解・考察したが、1ビジネスモデル( 「MaaS(Mobility as a Service)」ビジネス)につき、1ページ目は図解、2ページ目はコメント・考察のパターンで統一した。

「MaaS(Mobility as a Service)」ビジネスは、今後も急速な勢いで変化・成長を遂げるであろう。

この調査報告書が「MaaS(Mobility as a Service)」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動(新規事業やアライアンス・パートナー戦略)に貢献できることを心から切に望むものである。

■調査対象

・世界の「MaaS(Mobility as a Service)」ビジネス(注目度 高にフォーカス)

■サブタイトル

1)グローバルな視点で見て、最も注目されている中国・アジアパシフィックの「MaaS(Mobility as a Service)」ビジネスモデルを図解・考察コメント化
2)ビジネスモデルは、金の流れ、モノの流れ、情報の流れが俯瞰できる
3)総括は1枚で20の注目「MaaS(Mobility as a Service)」事例を俯瞰
4)「MaaS(Mobility as a Service)」に関する広範囲のビジネスモデルをカバー

■調査方法

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

■調査&レポート期間

・2019年10月1日(調査開始)~2019年10月23日まで網羅的な調査&レポーティングを実施し、2019年11月7日にグラフ化・コメント化が終了した。

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:米山 怜子

■トータル・ページ数(報告書)

・48ページ

■目次(詳細)・URLはこちら↓

https://www.espers.co.jp/?p=9787

■頒価

本体価格180,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ESP総研 >
  3. 2019年「MaaS(Mobility as a Service)」注目ビジネスモデルに関するグローバル調査(中国・アジアパシフィック編)