株式会社ダイアログが提供する次世代型物流代行サービス「Yellow Tail」の拡大に向け、大規模物流センター「Yellow Tail-DC川越第1」を設立いたしました。

株式会社ダイアログ(本社:東京都品川区、代表取締役:方志嘉孝)は、物流業務を総合的に代行するサービス「Yellow Tail(イエローテール)」をご利用頂く事業者に対して、 今まで以上に低価格/高付加価値な物流オペレーションを提供するため、「Yellow Tail-DC(ディストリビューションセンター)川越第1」を設立いたしました。
「Yellow Tail」は、クライアントのビジネス規模やニーズ・課題に合わせて、必要なソリューションを戦略的に組み立て、完全オーダーメイドでご提供する、次世代型物流代行サービスです。
「Yellow Tail-DC川越第1」設立によって、スタートアップ企業から大規模企業まで、様々な事業者の受け入れが可能となりました。
ダイアログの「物流×ITのプロフェッショナル集団」としての知見と、D2Cビジネス運用を通して培ったノウハウを活かし、事業者ごとに最適なご提案をし、コストの削減と利益創出に貢献いたします。

また、最新の物流ロボットやマテハン機器、ドローンなどを活用した業務の技術検証を行うための「Logistics Innovation laboratory(仮称)」を倉庫内に設立します。
同ラボでは、実際の物流業務に合わせた技術検証を行い、省人化、生産性向上を目指し、クライアントのコスト削減に貢献いたします。
また、倉庫現場を訪れる事なく、倉庫の様子や最新機器の技術検証を見ていただけるように、「オンライン倉庫見学」も定期開催予定です。

 

■ダイアログ「Yellow Tail」4つの強み
①物流ベストプラクティスの提供
多業界・業種のお客様へのWMS提供実績をもとに、お客様の業務に最適なソリューションをご提案できます。
②コストの削減
人・倉庫・システムのオールインワン提供のみならず、ハンディーターミナルなどの低価格サプライ品も併せて提供する事でコストを抑える事ができます。
③ビジネス波動吸収
弊社のお客様でもある物流会社との物流ネットワークを活用し、業界業種ごとに発生する季節や月ごとのビジネス波動を最小限に抑える事が可能です。
④ビジネス全体を理解した総合的支援
IoT活用、販売管理・EC構築/運用、マーケティング、クライアント同士のコラボレーションビジネス提案による利益創出など、物流以外の領域も幅広く支援が可能です。

■Yellow Tailとは
D2Cを始めとしたEC事業者のビジネス拡大におけるEC/物流業務代行や、大企業の在庫管理/入出荷支援を行うフルフィルメントサービス。
物流領域のみに留まらず、これまで当社が顧客の課題解決を通して積み上げてきた、パートナー企業との連携実績をもとに、ECサイト構築・運用やD2Cマーケティング等においても支援できる事が特徴です。
詳細はサービスサイトをご覧ください。
https://www.dialog-inc.com/yellow_tail_prt

 


■「Yellow Tail-DC川越第1」概要
・所在地:埼玉県川越市今福1443-1
・アクセス:関越自動車道「川越IC」4km(東武東上線「川越駅」バス10分)
・階数:5階建4階フロア バース:16ヶ所
・延べ床面積:877.51坪
・特徴:農村、住宅街と工場群の間にあり、川越ICから車でのアクセスが良い


■株式会社ダイアログとは
2013年11月創業。株式会社ダイアログ(本社:東京都品川区、代表取締役:方志嘉孝)は物流×ITをテーマに、物流領域のイノベーションを実現するソリューションを提供するプロフェッショナル集団として、
主力ソリューションであるクラウド型WMS「W3 SIRIUS」は、オムニチャネル、複数拠点の在庫⼀元管理を実現する高機能モデルとして高評価を獲得。年間流通総額2200億円を実現し、2018年にはASPIC IoT-AIクラウドアワードにて、ASP・SaaS部門の社会・業界特化系分野先進技術賞を受賞。また、WMS以外にも、三菱商事と共同で、リバース物流活用サービス「SMARI」を企画・開発し、2020年12月時点で約2700店舗のローソンへの導入を実施している。

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
株式会社ダイアログ
https://www.dialog-inc.com/
マーケティング担当:小林恵子
メールアドレス:marketing@dialog-inc.com
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイアログ >
  3. 株式会社ダイアログが提供する次世代型物流代行サービス「Yellow Tail」の拡大に向け、大規模物流センター「Yellow Tail-DC川越第1」を設立いたしました。