株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」、3億円の資金調達を実施

サービス開始約1年、8案件すべての目標募集額を達成。1,000名以上のエンジェル投資家が誕生

イークラウド株式会社(東京都中央区、代表取締役:波多江直彦、以下「イークラウド」)」は「応援投資」をコンセプトとして、株式投資型クラウドファンディングを運営しています。イークラウドは、第三者割当増資による約3億円の資金調達を実施しました。引受先は株式会社ジェネシア・ベンチャーズが運営するGenesia Venture Fund2号(以下、GV-2)、株式会社セレスです。これにより、資金調達総額は累計で約7億円となりました。

 

 

「応援投資型クラウドファンディング」とは
イークラウドでは、世の中の様々な課題を解決するベンチャー企業を応援し、成長を加速させる「応援投資」というコンセプトのもと、個人投資家が非上場のベンチャー企業に少額から出資できる仕組みを提供しています。

これまで、サービスをリリースしてから約1年で8案件の目標募集額を達成し、1,000名以上の個人投資家にベンチャー企業を応援していただくことができました。個人投資家は、初期の株主としてベンチャー企業の成長過程を距離感近く応援できることから、従来の上場会社への投資とは異なる性質の投資価値を体感していただいております。6割を超える投資家が、イークラウドにおける投資の目的は「中長期でベンチャー企業の成長を応援できる点」と回答しています。

イークラウドはこれまで、調達ご支援先のベンチャー企業のSR(Shareholder Relations)のサポートに注力してまいりました。

 

ベンチャー企業がアクティブにSRを行うことは、定期的な数字上の振り返り、これからの成長ストーリーを投資家に明示することで、企業価値の向上につながります。個人投資家とベンチャーとの距離が近づき、「投資家」の枠を超えて企業の「応援団」になることで、投資先企業にポジティブな効果をもたらすことができると、イークラウドは考えます。

合計8件の応援投資を支援、株主とのコラボ事例も発生
これまでの案件では、投資家がサービスの利用者やアンバサダーに転換するようなマーケティング効果に加え、株主とのコラボレーション事例も実際に発生しています。

今後は応援投資型クラウドファンディングの世界観を広げていくため、採用を強化し、個人投資家向けの投資体験や応援先企業と株主の関係性を発展させる機能等についても積極的に取り組んでまいります。

資金調達概要
  • 調達金額:約3億円
  • 調達方法:第三者割当増資
  • 引受先   :Genesia Venture Fund 2号、株式会社セレス
  • 既存株主:XTech株式会社、Fintertech株式会社(株主構成:株式会社大和証券グループ本社 80%、株式会社クレディセゾン 20%)
  • 資金用途:採用・組織体制の強化

引受先からのコメント
◆株式会社ジェネシア・ベンチャーズ CEO/General Partner 田島 聡一氏

日本のベンチャー投資額と米国のそれを俯瞰してみると、名目GDPで比較しても日本のベンチャー投資にはもっと大きなポテンシャルがある、私たちはそう考えています。約2,000兆円とも言われる日本の個人金融資産の一部が選ばれしスタートアップに循環し、イノベーションの総量が増加することによって、あるべき世界の実現に向けて加速していく。波多江さん率いるイークラウドと共に、そんな社会を創ることにチャレンジしたいと考え、投資することを決めました。チームイークラウドの一員として、挑戦者に新たな資金調達手段を提供することを通じて、活力に満ち溢れる日本、あるべき世界の実現にチャレンジしていきます。

◆株式会社セレス 執行役員経営企画室長 寺東 宏城氏

「イークラウドが提供する株式型クラウドファンディングで、日本のベンチャーを成長させ、ひいては日本経済を活性化させます!」。イークラウド波多江社長の強い思いを聞いたとき、当社がこれまで積極的に投資してきた暗号資産やトークンエコノミーも、イノベーションを起こそうとするチャレンジャーに対して新しい資金調達手段を提供するものであるという点で、株式型クラウドファンディングとまったく同じ理想を目指すものであることに気付かされました。海外に比べると日本の株式型クラウドファンディング市場は黎明期にありますが、それは逆に今後の成長の余地が大きいことを意味しています。イークラウドは、社会的意義のあるビジネスや魅力的な経営者がいるベンチャー企業を厳選し、量より質を求めて案件を組成しているところに、当社は、大きな魅力と可能性を感じています。

イークラウド代表取締役・波多江直彦のコメント

英国に続けて、米国でも株式投資型クラウドファンディングは普及期に入ってきました。クラウドファンディングで資金調達したベンチャー企業がIPOしたり、大手企業に買収される事例も増えてきました。また、伝統的なベンチャーキャピタルやアクセラレーターがクラウドファンディングのプラットフォームと連携し、個人投資家とい一緒に投資する機会も増えてきています。日本の市場はまだまだ黎明期ですが、今回新たに迎え入れることになった最高の株主と共に、市場を発展拡大させていきたいと考えています。



イークラウドは一緒に新しい金融サービスを作っていくメンバーを募集しています
イークラウドは応援投資のコンセプトをさらに深化させ、新しい金融サービスを作っていくメンバーを募集しています。
将来大きく成長する可能性のあるベンチャー企業、エネルギーに溢れるベンチャー企業の経営者へ直接提案を行える、やりがいのある重要なポジションにご興味のある方は、ぜひご応募ください。

▼ベンチャー企業の資金調達を支援するキャピタリストの求人ページ
https://herp.careers/v1/xtech/df3-Pm97JGth

▼ベンチャー企業の資金調達プロジェクトを推進するプロジェクトマネージャーの求人ページ
https://herp.careers/v1/xtech/ILYS-Oa_GRqK

イークラウド株式会社の概要
商号:イークラウド株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3181号 
加入協会:日本証券業協会
本社所在地:〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル3階
代表取締役:波多江直彦
サービスサイト:https://ecrowd.co.jp/
コーポレートサイト: https://corp.ecrowd.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イークラウド株式会社 >
  3. 株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」、3億円の資金調達を実施