循環型社会を目指す環境アクション「プラごみバスターズ大作戦」7月11日~11月7日

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟(東京都杉並区、理事長 水野正人)は、一般財団法人セブン‐イレブン記念財団に協賛いただき、循環型社会を目指す環境アクション「プラごみバスターズ大作戦」を7月11日に開始します。この取り組みは、「ごみの回収の循環から外れてしまったプラごみの調査・撲滅活動をして地球を美しく!」をミッションとした清掃活動です。
株式会社リバネスとプラスチックごみについての学習コンテンツを開発し、株式会社ピリカのごみ拾いSNS「ピリカ」を活用して、「プラごみバスターズ大作戦」で回収したごみの「見える化」に取り組みます。
ボーイスカウト日本連盟は、長年実施してきた清掃活動「スカウトの日」の拡大版として「プラごみバスターズ大作戦」を実施し、この活動に賛同いただく地域の皆さまと一緒に楽しみながらごみの回収に取り組み、環境保全に貢献してまいります。
  • 2022年度 スカウトの日~プラごみバスターズ大作戦

特設サイト:https://plagomi.scout.or.jp/

■主催:公益財団法人ボーイスカウト日本連盟
■後援:文部科学省、厚生労働省、環境省
■協賛:一般財団法人セブン‐イレブン記念財団
■協力:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
■活動期間:7月11日(月)~11月7日(月)※集中実施日 9月19日(月・祝)
■活用内容:
①はぐれプラごみについて学ぼう・遊ぼう
   世界共通の課題である「プラスチックごみ」について学ぶプログラムに取り組みます。
②地域の「はぐれプラごみ」を捕獲しよう
   環境美化活動で回収したごみをアプリに登録し、全国規模のデータ集計を行います。
③プラスチックの再生利用に挑戦しよう
   日常生活で利用するペットボトルキャップを全国から回収し、身近なものに再生利用します。

<参加の流れ>
(1)はぐれプラごみについて学ぼう・遊ぼう

世界共通の課題である「プラスチックごみ」についての学びや家族やグループで楽しむゲームをまとめた「ミッションノート」を作成しました。小学生や中学生など、それぞれの年代に合わせて用意した指令・ミッションを親子で挑戦してみてください。

「はぐれプラごみ」はなぜ生まれるのか?自分には何かできるのか?一緒に考えてみませんか。詳しくは特設サイトをご覧ください。
特設サイト:https://plagomi.scout.or.jp/

(2)はぐれプラごみを捕獲しよう

ごみ拾いSNS「ピリカ」をダウンロードして「プラごみバスターズ大作戦」のイベント参加ボタンを押せば、どなたでも参加いただけます。ごみを拾って投稿すると、ありがとうやコメントなどのコミュニケーションが生まれるだけでなく、皆が拾ったごみの数が自動で集計され、回収したごみの量や、どの地域でごみが多く拾われているかを確認することができます。

(3)プラスチックの再生利用に挑戦しよう

ボーイスカウト加盟員を対象に、ペットボトルキャップの再生利用を推進します。皆で集めたペットボトル用キャップは、スカウト用のSDGsバッジと、ペットボトル回収ボックスに生まれ変わります。資源の循環を学ぶため、皆でアップサイクルに挑戦します。

 
  • スカウトの日とは
毎年9月の第三月曜日(敬老の日)を「スカウトの日」として、全国のスカウトや指導者が地域社会への奉仕活動をはじめとするさまざまなスカウト活動を全国で一斉に展開しています。加盟員一人ひとりが地域社会に貢献するとともに、スカウト運動が地域に根ざした活動であることを広く知っていただく機会としています。1994年より、セブン‐イレブン記念財団とパートナーシップ協定を結び、スカウトの日を中心に環境美化活動の取り組みを重ねてまいりました。ボーイスカウト日本連盟100周年を迎えた今年、さらにその取り組みを強化し、ともに環境保全の活動を推進してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ボーイスカウト日本連盟 >
  3. 循環型社会を目指す環境アクション「プラごみバスターズ大作戦」7月11日~11月7日