AI搭載のWebカメラ・AI Webcam Jupiterが2月に発売決定!!

カメラ・マイク・スピーカー搭載はもちろんのこと、AI搭載により高品質な遠隔会議の実現が可能に

いったんは収束するかと思ったものの、冬に入り再度猛威を振るい始めたコロナウイルスの関係もあり、再びリモート会議を余儀なくされた企業や組織も多いかと思います。

今回紹介するAI Webcam Jupiterは画質も非常によくデザインもスタイリッシュで非常に使い勝手の良い製品です。
中国の大手家電メーカー eMeet社は、2021年2月に同社のウェブカメラ最新モデルである『AI Webcam Jupiter』を発売する予定です。

販売価格は23,000円程で、同社の扱うウェブカメラの中でもスペック・価格いずれも最上位となっています。
『AI Webcam Jupiter』はUSBでPCに接続して使用するプラグアンドプレイタイプのカメラであり、主に多人数参加型のWEB会議向けに開発された製品となっています。

カメラ・マイク・スピーカーの機能を備えたうえでAIによる自動認識にも対応していて、より高品質な遠隔会議を実現するのに役立つ仕様となっています。
では早速、『AI Webcam Jupiter』のスペックを見てみましょう。

 

販売価格 229 USD
映像解像度 6 : 9, 1080p(フルHD), 30fps
視野角 96度
フォーカスタイプ AI Focus
搭載マイク数 4基
搭載スピーカー数 1基
付属品 ・本体
・画面保護カバー
・USB Type-Cケーブル
・取り扱い説明書&安全証&保証カード
対応OS Windows XP,Vista和7/8 /10,Mac 10.4.3 等
互換性ソフト(一例) Facetime, Zoom, Skype, Skype for business, Microsoft Lync, Google Hangout, Goto meeting, Bluejeans, webex, braodsoft, lifesize, Line,Slack

 

1080p(フルHD)画質に対応しており、96度にもわたる広範な視野で会議の様子を詳細に映し出すことが可能となっています。

そして4基のマイクと1基のスピーカーを備えているので、本機一台だけでWEB会議の準備を整えることが可能です。

デザインとしてはスタイリッシュで洗練されたデザインとなっていて、硬派なビジネスの場で使用しても違和感がありません。
本製品の一番の目玉機能は、AIによる自動認識となっています。

カメラに搭載されたAIが会議参加者の動き(ジェスチャー)を認識し、話者全員がカメラに映るように、自動でフォーカス&ズームインアウトを行うようになっています。

これによって、会議参加者がいちいちカメラの範囲内へ移動する手間を省くことが可能となっています。

該当製品の利用にあたっては、フリーソフトの『eMeetLink』を使用しましょう。

本ソフトウェアを使用することで、『AI Webcam Jupiter』の視野角や映像効果など、各種パラメータを簡単に調節することができます。
ファームウェアのアップデートなども可能なので、本製品を購入した際は是非ともインストールしておきたいですね!

今回紹介した『AI Webcam Jupiter』は2021年2月中に発売予定となっています。

AI搭載ウェブカメラは一般的には5~10万円の価格帯で販売されていますが、本製品は約23,000円という非常にリーズナブル価格なので非常に魅力的です。
  1. プレスリリース >
  2. 深セン壹秘技術有限会社 >
  3. AI搭載のWebカメラ・AI Webcam Jupiterが2月に発売決定!!