StockGraphy、埼玉県産業振興公社による「埼玉DXパートナー」に登録

デジタルツイン技術及びRealityCaptureのご提供でデジタル活用に貢献

株式会社StockGraphy(東京都千代田区 代表取締役:坂口秀之)は、公益財団法人埼玉県産業振興公社によるご招致をお受けし、「埼玉DXパートナー」に登録されたことをお知らせします。


■「埼玉DXパートナー」について
「埼玉DXパートナー」は、埼玉県が県内企業のDX推進を目的として、DX支援の提案と協力を行う民間企業等を募集し、選定する仕組みです。
「埼玉DXパートナー」の運営は、公益財団法人埼玉県産業振興公社の「埼玉県DX推進支援ネットワーク」によって行われています。

StockGraphyは、IT導入支援事業者としての活動が評価され埼玉県産業振興公社により本制度へのご招致をいただき、審査の結果「埼玉DXパートナー」としてご登録いただきました。


■ StockGraphyのご支援内容
・デジタルツイン開発ツール「RealityCapture」の販売を行なっております。
・デジタルツイン・メタバース・VR・3DCGなどの開発を承ります。

弊社が運営するBEGIN3D.comは、RealityCaptureのご提供で日本最大実績の販売代理店です。
ご購入者様向けのご導入支援コンテンツを無償でご提供し、ご好評をいただいております。

また、デジタルツイン・メタバース・VR・3DCGの開発自体のご依頼も承ります。
開発においては重要文化財などの高度なデジタルツインの実績がございます。
ツールの販売代理店であるネットワークを活かし、プロジェクトごとに最適な対応チームを組成できます。

ツールご導入による自社開発か委託開発されるかのご検討段階からもご相談を承ります。


■ 導入効果イメージ
デジタルツイン・3Dデータ開発は以下のような様々な用途に応用されています。
ゲーム開発、文化財、メタバース、VR、映像制作、測量、建築、土木、都市計画、プロダクト開発、鉄道、医療など。 


■ RealityCaptureについて
RealityCaptureは、世界のプロフェッショナルの現場で使われるフォトグラメトリーソフトウェアです。
写真データ、レーザースキャンデータまたはその両方から、高精度の3Dモデルを自動的に作成できます。
また、RealityCaptureは現在業界で最速のソリューションです。
高速な処理により業務効率を上げ、本質的な目的の達成に集中できます。

【RealityCaptureの製品ページ】
https://begin3d.com/jp_realitycapture/
 


© 2022, Epic Games, Inc. Epic Games、Epic Gamesのロゴ、RealityCapture、RealityCaptureのロゴは、米国およびその他の国々におけるEpic Games, Inc.の商標または登録商標です。
 
  • 会社概要

■ 会社情報 ■
会社名 : 株式会社StockGraphy
所在地 : 東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル12F
代表者 : 代表取締役 坂口 秀之
URL    : https://www.stockgraphy.com/jp/

・お仕事のご依頼やご導入検討につきましては、下記webページにお問い合わせ窓口を設けております。
URL    : https://www.stockgraphy.com/jp/#contact
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社StockGraphy >
  3. StockGraphy、埼玉県産業振興公社による「埼玉DXパートナー」に登録