ESGに特化したベンチャー投資『ICJ2号ファンド』セカンドクローズのお知らせ

ベンチャー・キャピタルであるインクルージョン・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:服部結花、以下インクルージョン・ジャパン)は、ESG観点を重視し、SDGsの浸透と実装に寄与するベンチャー企業への投資を目的とした「ICJ2号ファンド」のセカンドクローズを完了したことをお知らせします。関西電力株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社、日本政策投資銀行グループなどが二次募集出資者として参画することとなりました。現在までに、主にシードおよびアーリーステージのベンチャー企業を対象に、9件の投資を実行しております。今後、ファイナルクローズに向けた資金調達を続けると同時に、ESG/SDGsを事業機会と捉えるベンチャー企業への投資を加速してまいります。

ICJ2号ファンドの主要LP企業ICJ2号ファンドの主要LP企業

  • ICJ2号ファンドの詳細
インクルージョン・ジャパン株式会社は、SDGs(持続可能な開発目標)の担い手としてベンチャー企業に注目しており、ICJ2号ファンドを通じて、SDGsの達成に寄与するベンチャー企業の株式へ投資します。また、投資先の事業を通じた社会・環境面のインパクトと、経済的なリターンを両立させるため、投資先のESGマネジメントも重視します。ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもので、長期的な企業成長の基盤となる概念として、世界の共通認識となりつつあります。

ICJ2号ファンドでは、ESG投資の第一人者である夫馬賢治氏、前国連大使でSDGsの世界的普及に務めた星野俊也氏を顧問に迎え、投資体制を整えています。世界基準に照らしたESG投資を行うために、国連責任投資原則(PRI)へ署名いたしました。PRI署名に合わせて、独自のESGポリシーを制定しております。現在までに、脱炭素・サーキュラーエコノミー、金融インクルージョン、ウェルビーイングをテーマに、9件の投資を実行しています。

ICJ2号ファンドの投資先ICJ2号ファンドの投資先

  • 代表取締役 服部結花のコメント
この度、「ICJ 2号ファンド」の設立に際して、ご出資いただきました事業会社さま、個人投資家の皆さまに厚く御礼申し上げます。インクルージョン・ジャパンは、2011年の設立以降、事業会社における新規事業開発と、ベンチャー支援を行ってまいりました。ICJ2号ファンドにおいても、私たちの強みである、事業会社とベンチャー企業の協働を加速させることで、前向きな力を生み出してまいります。

これまでに、ESG/SDGsの実装という世界的な課題に取り組み、より良い社会や環境を実現することを目指す9社のベンチャー企業に投資することができました。今後さらに、ICJ2号ファンドが、ベンチャー企業や事業会社の力が重なり合い、社会課題解決を加速する場になるべく、全力で取り組んでいく所存です。
 
  • 企業概要
インクルージョン・ジャパン株式会社
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前ビル903
代表者:服部結花
設立日:2011年11月11日
会社HP:https://www.inclusionjapan.com/
 
  • インクルージョン・ジャパン株式会社
インクルージョン・ジャパンは、事業会社にて事業立ち上げ経験のあるメンバーが、投資先のハンズオン支援に加えて、大企業のコンサルティングを実施する、日本でも類を見ないベンチャー・キャピタルです。事業立ち上げから経営支援、人事管理、クリエーティブ表現までを一貫して提供できる体制を整えており、幅広い事業規模と領域の事業創造と事業成長に貢献します。

ベンチャー投資では、2021年3月にIPOしたスキルマーケット「coconala」をはじめ、月面資源探索ベンチャー「ispace」などに投資をしており、経営層のよき理解者として、事業成長に尽力しています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インクルージョン・ジャパン株式会社 >
  3. ESGに特化したベンチャー投資『ICJ2号ファンド』セカンドクローズのお知らせ