プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ローカスブルー株式会社
会社概要

3Dデータの利活用を促進するローカスブルー(株)、プレシリーズAラウンドにて約4億円の資金調達を実施

~プロダクトの強化とグロースに向け、幹部採用を強化。新サービスの計画も同時発表~

ローカスブルー株式会社

iPhone、レーザースキャナー、ドローンなど各種機器で取得した3D点群データをオンラインで解析が出来るプラットフォーム「ScanX(スキャン・エックス)」を提供するローカスブルー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮谷 聡)は、ジャフコ グループ、DNX Ventures、Angel Bridge、エンジェル投資家の有安伸宏、tb innovations、SBIインベストメント、宮銀ベンチャーキャピタルの各社が運営もしくは関与するファンドを引受先とした第三者割当増資ならびに、日本政策金融公庫からの融資により総額約4億円の資金調達を実施したことをお知らせします。今回の資金調達で、ScanXの利用顧客拡大のための営業体制強化およびCTOやVPoE採用をはじめとした開発組織強化を進めて参ります。また、新サービスとして、3Dデータ専用AIエンジン”Deep3(ディープスリー)”の計画を発表したことも合わせてお知らせします。

 

 
  • 資金調達の背景
建設業界の事業者数は約47万(2020年3月末時点・国土交通省調査結果)、市場規模は約60兆円にも上ります。一方で、高齢化に伴う労働人口の著しい不足という喫緊の課題があり、建設業界全体の生産性を向上させる必要があります。

<i-Constructionの動き>
2016年に国土交通省が建設業界の生産性を向上させるプロジェクト「i-Construction」を始め、ICT(情報通信技術)を取り入れる動きが本格的に始まりました。現在、測量、設計、施工、検査の一連の建設生産プロセスにおいて3次元データを活用する動きが加速しています。加えて国土交通省は2023年度から公共工事におけるBIM/CIM原則適用(小規模を除く)の方針を打ち出しています。

<デジタルツインの実現など3D点群データの利用拡大への期待>
スマートシティの実現に向けた取組の中でも3D点群データは活用されております。国土交通省では、まちづくりのDX事業を「Project PLATEAU」と題して、全国の3D都市モデルを整備・オープンデータ化が進んでおり、3D点群データの利用拡大が予想されます。

当社は建設業界をはじめとした業界の業務効率化・DXの推進・3D点群データの利活用の推進に向け、事業を拡大していくためにこの度、プレシリーズAラウンド資金調達を行いました。

今回調達した資金は主に以下の用途に充ててまいります。
・ScanXの利用顧客拡大のための営業体制強化
・顧客へより大きな価値提供をするためのプロダクト機能の開発、CTOやVPoE採用をはじめとした開発組織強化

 
  • 採用・組織体制の強化について
当社は、創業者である宮谷が海外のスタートアップで経験を積んだ経験からDay1からダイバーシティ豊かなグローバルなチームで構成されているのが特徴です。

エンジニアチームは、基本的に英語で開発を行っており、世界各国から採用した優秀なエンジニアと、スピーディなプロダクト開発を行っております。このような多様性豊かなチームのマネジメントに興味があるミドルマネージャーを募集しています。

ビジネスチームは、建設業界が抱える課題を本質的に解決できるよう、お客様に寄り添いコミュニケーションを意識しています。販売体制の強化のため、チームをリードいただける方を幅広く募集しています。

採用情報:https://locusblue.com/career/(主な募集中ポジション:CTO/VPoE)
チームメンバー紹介: https://locusblue.com/aboutus/
会社note: https://note.locusblue.com/

 
  • 「ScanX(スキャン・エックス)」とは
ScanXは2020年9月にリリースし、現在42都道府県の10,000以上の建設、土木、測量業界をはじめとする皆様にご利用いただいております。「ScanX」は、これまで人手をかけていた分類や計測などのタスクを自動化し、時間を節約、どなたでも均一な結果を生み出せます。

■「ScanX」の特徴
・当社独自の深層学習による自動分類
・インターネットとブラウザと汎用PCだけで、複数現場のデータを複数ユーザーで同時に処理可能
・初期費用不要、月額29,800円[税込]より
・国土交通省新技術登録システム「NETIS」に登録済み。公共工事で使用すると入札時の加点対象
・2021年度「i-Construction大賞」国土交通大臣を受賞

サービスサイトhttps://scanx.jp/
※無料体験実施中

 
  • 新サービス「Deep3(ディープスリー)」について
■Deep3について
来年4月に3Dデータ処理専用AIエンジン”Deep3”のベータ版をリリースします。試験的にサービスのテストを始めておりますので、興味のある方はお問い合わせください。

■「Deep3」の開発経緯
都市レベルの3Dデータなど、大規模かつ高精度な3D点群データを取得することは簡単になりましたが、最終的に欲しいアウトプットは異なります。例えば、大規模な都市レベルの3Dデータの場合、点群データから建物モデルを作りたい。送電線の3Dデータの場合は、樹木との離隔距離が知りたい。自動運転用のHDマップの場合は、3Dデータから標識などの地物をベクトルとして抽出したい。このような最終的なアウトプットにたどり着くために、現在は、膨大な手作業を必要としています。

一方で、既存の完成されたソフトウェアでは、そういった自社のノウハウが詰まった手作業部分を自動処理として再現することが難しくかゆい所に手が届きません。

Deep3は、ユーザーごとに3Dデータ処理アルゴリズムをテーラーメイドし、Web APIとして使用可能なサービスです。TBを越える大容量データの場合は、データをHDDで受領し、HDDで納品することも可能です。
サービスサイト: https://www.deepthree.ai/

 
  • 各投資家からのコメント
■ジャフコ グループ  チーフキャピタリスト 沼田 朋子 シニアアソシエイト 加藤 僚佑
i-Constructionやデジタルツインの実現に向けた取組などにおいて3D点群データの利活用が求められる中、ローカスブルーは誰もが手軽にそして効率的に利用できるサービスを提供しています。3D点群データの利活用の推進を通じて業界全体のDXに大きく貢献していくと確信しており、ご出資させて頂きました。
JAFCO一丸となってローカスブルーの一層の成長を全力でサポートできればと思っております!

■DNX Ventures  Managing Partner / Head of Japan 倉林 陽
ローカスブルーに今回も追加出資させて頂きました。土木・建設・測量分野におけるVertical SaaSスタートアップとして、前回投資時から着実に事業と組織を成長させており、DNXとしても継続して応援できることを大変嬉しく思っております。3D点群処理クラウドのパイオニアとして、引き続き業界を変革していくことを期待しております。

■Angel Bridge  代表パートナー 河西 佑太郎
この度ローカスブルーチームとご一緒することができて大変うれしく思います。ローカスブルーは宮谷CEOのリーダーシップのもと集まったグローバルチームが、社会に真に必要とされる3次元点群データ処理プロダクトを提供しています。建設現場の生産性向上という巨大なインパクトを実現しメガベンチャーになると信じています。Angel Bridgeはローカスブルーチームを今後も全力でご支援して参ります。

■エンジェル投資家  有安 伸宏
創業直後に約1,000万円、今回の調達ラウンドで約5,000万円を出資させていただきました。初回ラウンドでは、プロダクトが存在せず、PMFの仮説があるのみの段階でしたが、市場領域の筋の良さと宮谷さんのパッションに魅了されて出資を即決しました。日本のスタートアップとしては珍しく、組織は完全に多国籍、リモートワーク。事業立ち上げ段階からグローバルに組織をスケールさせるのは、エルサレムとサンフランシスコのスタートアップ勤務経験がある宮谷さんならではでしょう。多国籍エンジニアをマネジメントするCTO候補、VPoEのポジションはまだ空いてますので、シニアなエンジニアの皆様は、ぜひ採用ページを見てみてください!

■SBIインベストメント  投資部次長 小野 浩之
人材の減少が進み深刻な人手不足に悩まされている建設業界では、遠隔で状況を確認・共有できる3Dデータを利活用していく機運が高まっていると考えております。ローカスブルーは、3D点群データの解析を高機能にも関わらず廉価なサブスクモデルで提供する事で課題解決に取組んでいます。今後ローカスブルーが中小規模の事業社を含む建設業界全体のDXを牽引していくと確信しており、ご支援できることをとても嬉しく思います。

■tb innovations  代表取締役社長 高 賢敃
ローカスブルーは、顧客ファーストの姿勢で現場の課題に向き合い、それを克服する高いエンジニアリングスキルによって、建設土木業界における3D技術の民主化を推進しています。東京貿易グループは、3Dソリューションプロバイダとして、3次元計測ソリューションを提供してきました。ローカスブルーと当グループは、計測・測量の3D化に向けた戦略的パートナーとして、両社の技術と知見を掛け合わせ、更なる成長の実現を目指します。

■宮銀ベンチャーキャピタル  ファンドマネージャー     清藤 佑樹
ローカスブルー社は高度な要素技術を有し、ペインの深い建設土木業界において優れたSaaSプラットフォームの提供を実現しています。業界のICT化や労働人口減少などの社会課題を背景に、3D点群データの活用が更に推進されている中、当社が業界のイノベーターになりうる大いなる期待と併せ、地方のDX化に向け今後一緒にご支援できることを大変嬉しく思っております。

 
  • 会社概要
■ ローカスブルーについて
ローカスブルー株式会社は、2019年設立のスタートアップです。スマートシティ推進にあたって、国土交通省もDX推進、ICT化やデジタルツインの実現化を目指すなど、3D点群データの活用はますます期待されています。産業別の高度な点群解析など、ご要望に応じた解析も行っています。
少子高齢化や人手不足の社会課題、建設現場の遠隔管理などのニーズに応えられるよう、「ScanX」はユーザーの皆様からの声を反映し、進化していきます。ソフトを提供する側と利用する側ではなく、ユーザーの皆様と共に、3D点群データの活用の幅が広がるよう取り組んでいます。

■ 会社概要
社名:ローカスブルー株式会社(旧スキャン・エックス株式会社 2022年4月変更)
事業設立:2019年10月
本社:東京都渋谷区
代表者:宮谷 聡
ホームページ:https://locusblue.com/  
TEL:050-1742-3040

■ 本リリースに関するお問い合わせ先
ローカスブルー株式会社 広報部
Email:pr@scanx.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
建設・土木ネットサービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ローカスブルー株式会社

12フォロワー

RSS
URL
https://locusblue.com/
業種
建設業
本社所在地
東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷1丁目ビル 617 号室
電話番号
050-1742-3040
代表者名
宮谷聡
上場
未上場
資本金
4億5000万円
設立
2019年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード