次世代電動バイクで新時代へ、3Way&折りたたみ可能「FUTURE META」限定発売開始 

原付・アシスト・自転車のモードチェンジ搭載、究極のカーボンニュートラルモビリティ

 


 次世代モビリティの開発・販売を行うFuture 株式会社(https://www.futuremobility.fun/、以下「Future」)は、次世代電動バイク「FUTURE META」を2022年12月28日(水)より応援購入サイトMakuake(https://www.makuake.com/project/future_meta/)にて販売を開始いたします。
 


「FUTURE META」は、超軽量なボディに100%電動エネルギーで駆動するインホイールパワーモーターを搭載したカーボンニュートラルに貢献する移動手段として最大効率を求めて開発されました。車両重量が 80〜100kgある従来の原付スクーターに比べて圧倒的に軽量な28kgを実現。電動アシスト自転車並みの車両重量であることから、驚くほど滑らかな加速で、乗り出しや駐輪時の取り回しの重さを解消しました。
 


 また「FUTURE  META」は、電動バイク・アシストサイクル・自転車の3つのモードに切り替え可能な1台3役を楽しめる全く新しいモビリティとしてもお楽しみいただけます。
 電動バイクモードでは、手元のスロットルを回せば、驚くほど滑らかな加速で、上り坂もちょっと遠くまでも楽に移動できるバイクとしてお使いいただけます。

 アシストモードでは、ペダルとパワーユニットのアシストのパワーを利用し、航続距離100kmのロングディスタンスも走り切れます。
 サイクルモードでは、モーターを使用せずペダルを漕ぐことで自転車としての利用が可能。日頃の運動不足解消やトレーニングにもお使いいただけます。
 

 

 デザインは、乗っても眺めても存在感あるアルミフラットフレームにファットタイヤを採用。折りたたみができることから、コンパクトカーのラゲッジスペースにも収まり家族旅行、キャンプ、イベントなど旅先でのセカンドカーとしても利用しやすい設計を採用しました。骨太ボディやアクティブサスペンション、走破性の高いファットタイヤにより、走行時も、折りたたみとは思えない安定した走行感を実現しました。また、女性やシニアでも乗り降りしやすいフレーム形状を採用。「出かけるのが楽しくなる」をコンセプトに通勤通学、ショッピング、レジャー、施設内移動などあらゆるシーンで使いやすい装備とデザインを採用しました。
 


 コロナ禍の2020年に、商店街の方々の「気軽にデリバリーできるバイクが欲しい」「密にならずに移動できるパーソナルモビリティで快適に移動したい」「ラストワンマイルを自由に移動したい」という声を聞き、自動車からレーシングカーまで開発経験豊富なカーレーサーとエンジニアで立ち上げたスタートアップとして脱炭素、地域活性化に貢献するモビリティ「FUTURE  META」を開発しました。

 2022年12月28日(水)より応援購入サイトMakuake(https://www.makuake.com/project/future_meta/)にて早期割引にて販売を開始いたします。
 


 


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーモビリティ >
  3. 次世代電動バイクで新時代へ、3Way&折りたたみ可能「FUTURE META」限定発売開始