SNSやネットで話題に!漫画『トラックドライバーの怪談』の書籍化プロジェクト!

著者「ぞうむしプロ」初の書籍出版を目指すクラウドファンディング・プロジェクト

株式会社PICK UP PRESS(東京都江戸川区、 代表取締役:木田祐介)は、2022年10月27日より『トラックドライバーの怪談』(著・ぞうむしプロ)を紙の書籍として出版するクラウドファンディング・プロジェクトを、GREEN FUNDINGにて掲載開始いたしました。

 

  • 『トラックドライバーの怪談』について

元・トラックドライバーという異色の経歴を持つ漫画家・ぞうむしプロが、自身の経験や耳にした話を元に描いたホラーコミック。人気サイト・オモコロ(https://omocoro.jp/)にて連載され、ゾッとする幽霊体験から、物流事故にまつわるヒヤリハットまで、バラエティーに富んだ怪談で読者の皆様を魅了してきました。

その結果として、今まで多数のメディアの皆様にも取り上げていただきました。
https://www.buzzfeed.com/jp/miyumiura/lifehack-hold-luggage
(2022年2月22日 ちょっと待った!その持ち方、腰痛めない?元トラックドライバーが描いた方法が有益だった)
https://citrus-net.jp/article/99368
(2022年8月16日 トラックやバスから時たま聞こえてくる「プシュッ」という音の正体とメカニズムが参考になる)
 



 

  • クラウドファンディング・プロジェクトについて
 Web上での反響や、読者の皆様からの書籍化のご要望を受けまして、この度『トラックドライバーの怪談』書籍化のクラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げることとなりました。
 プロジェクトはクラウドファンディング・サイト「GREEN FUNDING」上に2022年10月27日から11月30日まで掲載され、達成した場合には、書籍を一般書店の販売日よりもいち早く手にすることが可能です。
 その他にも、サイン入り書籍や、限定グッズ、購入者様の似顔絵や、体験談の漫画描き下ろしなど、多数の特典もご用意させていただいております。是非、ぞうむしプロの初の書籍化プロジェクトにご協力いただけますと幸いです。

URL:https://greenfunding.jp/lab/projects/6517
 

 
  • 著者プロフィール
​漫画家・藤田和日郎先生に憧れ、20代の頃にトラックドライバーをしながら、漫画家を志すも挫折。
自身の子どもの誕生をきっかけに一念発起し、再びSNS上への漫画投稿を始める。
その後、本作『トラックドライバーの怪談』(オモコロ)や。Webサイト『物流マンガのコミロジ』といった自らの経験を活かした漫画作品だけでなく、ネットラジオ『トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル』(Audee)のイメージ漫画も手掛けるなど、益々活動の幅を広げている。
 


  • ​ひとり出版社の漫画配信サービス「UPコミック」
収益の最大80%を作者様へ還元するデジタルコミック配信サービス。
Amazon kindleの印税率に関しては、販売価格の40%をお支払いしており、業界最高水準の印税率です。
また、ヒット作品については、紙の出版物として全国の書店への流通をお約束しています。

ご興味をお持ちの漫画家様は是非下記よりお申込みください。
https://up-comic.studio.site/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PICK UP PRESS >
  3. SNSやネットで話題に!漫画『トラックドライバーの怪談』の書籍化プロジェクト!