キワ・アート・アンド・デザインと東京都市大学の共同プロジェクトがグッドデザイン賞を受賞!

スーパーマーケットをテーマにした「買い物列車」、地域活性化のためのプロジェクトがヤングイノベーション賞に続き高い評価を獲得

キワ・アート・アンド・デザイン株式会社(本社:東京都文京区本駒込、代表取締役社長:平賀俊孝)と東京都市大学(拠点:東京都世田谷区、担当研究室:西山敏樹研究室)の協創プロジェクトが、ローカル鉄道の活性化を評価されグッドデザイン賞に選出されました

■プロジェクト概要
日本では地方都市をはじめとして、都市圏を外れると、幹線道路沿いに商業施設が集中する傾向にあります。都市圏外の運転免許を持たない高齢等の住民は買い物に行くことが困難な「買い物難民」と化してしまう課題があり、この解決が急務です。
本プロジェクトは、都市圏外を走行する鉄道の車内に食料品や日用品を陳列し、スーパーマーケットとしての機能を持たせる「買い物列車」として運行する新しい試みです。高齢者や障がい者の買い物に対するニーズを汲み取り、あらゆる人々の生活を支援するユニバーサルなサービスデザインを実現しました。
現在までに、静岡県伊東市から下田市を結ぶ伊豆急行線(伊豆急線株式会社)にて実証実験およびニーズ検証を3回重ねており、その有用性を確認しています。今後の展望として、他の地方自治体や鉄道路線へ展開できるように本プロジェクトのパッケージ化やノウハウの蓄積を進めていく予定です。

■プロジェクトの目的
・地域のわかりやすいところを走る鉄道および駅を活かして買い物難民の課題への方策
・通常の鉄道車輛を利用しているので排ガスを出さずエコに買い物難民の課題への方策
・地方鉄道のビジネスモデルの提案及びSDGsの精神にも合致するデザインの実施

■キワ・アート・アンド・デザイン / 平賀俊孝CEOからのメッセージ
ヤングイノベーション賞に続き、本プロジェクトの意義が評価されたことを嬉しく思います。本プロジェクトが過疎問題などに起因する社会問題の解決の一助となることを信じています。今後も東京都市大学のプロジェクトとして継続していきます。ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、是非お声がけください。

■プロジェクトメンバー
  • 東京都市大学西山敏樹研究室担当教員:西山敏樹准教授
参加学生:小山田祥、二宮伊真里、松本和樹(都市生活学部4年)
本受賞リリース:https://toshiseikatsu-gakubu.jp/news/id2022100722582702581df1.html
  • キワ・アート・アンド・デザイン株式会社
参加メンバー:平賀俊孝(代表取締役/Future Designer)、根本正樹(取締役/Visual Designer)
URL:https://kaad.jp/
所在地:東京都文京区本駒込6-15-18クリエーション六義園1・2階
東京都文京区にデザインスタジオを持つデザインコンサルティングファーム。企業のパーパスブランディングから、企画商品開発に関わるコンサルティング、プロダクトデザインまで専門知識を持ったメンバーが支援を行なっている。
本受賞リリース:https://kaad.jp/news/award_tcd_2022/

■グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。http://www.g-mark.org/

■会社概要
会社名:キワ・アート・アンド・デザイン株式会社
所在地:東京都文京区本駒込6-15-18クリエーション六義園1・2階
代表者:平賀 俊孝
URL:https://kaad.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キワ・アート・アンド・デザイン株式会社 >
  3. キワ・アート・アンド・デザインと東京都市大学の共同プロジェクトがグッドデザイン賞を受賞!