まちが支える、まちが盛り上げる演劇祭「藤枝ノ演劇祭 THEATRE FUJIEDA」開催

アーツカウンシルしずおかが支援する団体からのお知らせ

「ないものをほしがるのではなく、すでにそこにあるものに気づいてみよう」をキーワードに、演劇を通じたまちづくりの可能性を探り、試行する【藤枝宿世代をつなぐ商店街づくり実行委員会】が手掛ける、藤枝市では初めてとなる演劇祭『藤枝ノ演劇祭 THEATRE FUJIEDA』が、 3/5(土)、6(日) の2日間、旧東海道エリアを中心に開催されます。
全国各地の劇団による演劇作品が複数の会場で同時上演されるほか、まちや商店街、名所旧跡などを案内人と歩くまちあるき企画、普段あまり利用者のいないミニ公園での マルシェ開催など、盛りだくさんの内容となっています。地域の様々な年代の人たちが力を合わせ運営に関わり、これからの地域を文化の力で活性化させる事業として多くの注目を浴びる演劇祭です。

「部屋にいながら、いつでもワンクリックで世界中の映像が観られる時代です。それでも人が動いて、手を動かして、話して、考えて、行動しなければならない演劇祭を開催します。人間が人間らしさを取り戻すための演劇祭です。地域社会が明るく元気になるための演劇祭にご期待ください」(フェスティバルディレクター/山田裕幸)

 

  • 藤枝ノ演劇祭 THEATRE FUJIEDA 開催概要
会期 2022年3月5日(土) 10:00 ~ 3月6日(日) 18:00
会場 ・藤枝市生涯学習センター
・白子ノ劇場 …商店街にある店舗を改装した劇場
・ひとことカフェ…茶工場跡で客席、ステージに茶箱をそのまま活用
・大慶寺 …静岡県の天然記念物に指定された「久遠の松」で有名な770年の歴史を持つ寺
・蓮華寺池公園周辺 …145万人が訪れる藤枝市を代表する公園
参加(予約)方法 公式サイトのフォームにて、演目ごとにご予約下さい
https://tsunagaru-fujieda.org/theatre-f/
※会場ごとに客席の広さが異なるため、チケット発行枚数が異なります
主なプログラム 【演目/劇団名/会場】
『oboro』/第七劇場(三重)/白子ノ劇場
『岸田國士短編集』/アートひかり(大阪)/ひとことカフェ
『Le Moustique』/みょんふぁ(東京)/大慶寺
『Rainy day』/世 amI(東京)/蓮華寺池公園イベントエリア
『アイアムアンエイリアン』※3/6(日)のみ/ユニークポイント(静岡)/生涯学習センター
関連企画 ・藤枝ノまち歩き
3/5(土)、3/6(日) ※2チームに分かれて各ルートを周ります(参加無料・先着順)
・アフタートーク(ゲスト:吉野さつき氏/愛知大学文学部教授)
3/5(土)「岸田國士短編集」終演後(おおよそ13:30から)
・アーティストトーク
3/5(土)「oboro」終演後(おおよそ19:50から)
・FUJICOフェスタ(蓮華寺池公園)
・ミニマルシェ(千歳公園)

 

  • アーツカウンシルしずおかについて

アーツカウンシルしずおかは、“視点をかえる 発想をひらく”をキャッチフレーズに、住民主体のアートプロジェクトの支援を中心として、創造性を活かして物事の見方に変化を促し、発想を広げるお手伝いをする組織です。(2021年1月静岡県文化財団内に設置)誰もが持っている創造力が活かされる道をひらき、まちづくりや観光、福祉、教育など社会の様々な分野においてイノベーションが生まれる創造的な地域づくりに貢献します。

https://artscouncil-shizuoka.jp/

アーツカウンシルしずおかの取組は、静岡県の企業版ふるさと納税対象事業となっております。取組にご賛同いただき、寄附をご検討いただける企業の皆様は以下の静岡県のページからお申し込みをお願いします。
https://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-030/kigyou-hurusato.html

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人静岡県文化財団 >
  3. まちが支える、まちが盛り上げる演劇祭「藤枝ノ演劇祭 THEATRE FUJIEDA」開催