ProVisionアスリート社員の馬場圭美選手が、『令和3年度公益財団法人川崎市スポーツ協会表彰式』にて優秀賞を受賞!

株式会社ProVision(横浜本社:神奈川県横浜市、社長:佐藤 瞳、以下:ProVision)所属パラアスリート社員の馬場圭美選手(パラアルペンスキー)が、2022年6月25日(土)に行われた『令和3年度公益財団法人川崎市スポーツ協会表彰式』にて、優秀賞を受賞しましたのでお知らせいたします。川崎スキークラブに所属する馬場選手は、2021-22シーズン、ジャパンパラアルペンスキー競技大会など、計6大会14種目に出場し全ての大会で入賞、うち4大会9種目で優勝という結果を残しました。

 

 
  • 『令和3年度公益財団法人川崎市スポーツ協会表彰式』について
公益財団法人川崎市スポーツ協会表彰は、前年度の大会成績をもとに各競技団体から候補者を推薦し、川崎市スポーツ協会が競技結果を精査したうえで決定されます。令和3年度の表彰式は、2022年6月25日(土)、川崎市立川崎高等学校にて実施されました。

表彰の内容は、特別功績賞(17名)、特別優秀賞(3団体)、優秀賞(4名、4団体)、奨励賞(23名、21団体)となります。

■公益財団法人川崎市スポーツ協会
市民スポーツ文化の普及・振興、競技スポーツの強化及びスポーツに関する指導者・組織の育成を図ることにより、川崎市のスポーツ振興の核づくりに努め、もって明るく豊かな市民生活の形成に寄与することを目的としています。
https://kawaspokyo.jp/
 
  • 馬場選手の受賞内容について

 

神奈川県川崎市出身、川崎市立聾学校の卒業生でもあり、現在川崎スキークラブに所属する馬場選手は、2021-22シーズン、ジャパンパラアルペンスキー競技大会など、計6大会14種目に出場し全ての大会で入賞、うち4大会9種目で優勝という結果を残し、優秀賞を受賞しました。

■馬場選手の2021-22シーズン結果の詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000099874.html

■川崎スキークラブ
ジュニアからシニアまで誰でも参加できるクラブです。 基礎スキーから競技スキーまで幅広く活動しており、活気あるクラブ運営を目指しています。
http://ksc-hp.com/index.htm

<馬場選手コメント>
川﨑市スポーツ協会から優秀選手として表彰していただき、大変嬉しく思っています。
今後も沢山の方々に応援していただけるよう、世界大会も目指していきます。
引き続き宜しくお願いいたします!
 
  • パラアスリート馬場選手の働く環境

 

<馬場選手の働き方>
障がい当事者の方と一緒に働くうえで、周りの社員の障害に対する理解や、合理的配慮が不可欠です。馬場選手は軽度の知的障害と聴覚障害を持っていますが、対面でのコミュニケーションの際は、マスクを外して口の動きが見えやすいようにする、会議の際はタブレット端末の音声認識アプリを活用するなど、周りの社員と協力することで滞りなく業務を進めています。

<仕事と競技との両立>
馬場選手は毎年スキーシーズンに入ると、テレワークの割合を増やすなどして競技練習の時間を確保しています。特に12月頃からは拠点となる長野県で合宿が始まり、週末は大会に参加するなど競技活動の割合が増えるため、部署内のメンバーと業務量を調整しながら競技活動に取り組んでいます。
 
  • ProVisionのアスリート採用について

 

ProVisionは、コーポレートアイデンティティとして「百花繚乱」を掲げており、様々な個性・バックグラウンドを持つ社員が、それぞれの特性を生かして活躍しています。その中で、2020年からスタートした取り組みが「アスリート採用」です。

競技活動を続けながら仕事に取り組みたい現役アスリートを「アスリート社員」という形で採用し、仕事と競技活動をどちらも並行して取り組むデュアルキャリアを推進してきました。現在はラクロス、ビーチサッカー、ホッケー、カバディ、eスポーツなど様々な競技のアスリートが在籍し、競技活動と仕事を両立して取り組んでいます。

馬場選手は、ProVisionのアスリート社員の中で唯一のパラアスリートとして、パラアルペンスキー(IDアルペン:知的障害クラス)、パラ水泳の二つの競技で活躍しています。
 
  • 馬場選手プロフィール



1990年11月30日生まれ。神奈川県川崎市出身。幼少期からスキーや水泳を始め、現在はProVisionに所属するアスリート社員の中で、唯一のパラアスリートとして活動している。主にパラアルペンスキー(知的障害クラス)、パラ水泳(聴覚障害クラス)の大会に出場しており、日本IDアルペンスキー競技大会優勝、日本パラ水泳選手権大会優勝など輝かしい成績を残している。2021年には、日本障害者スキー連盟強化指定選手に選出された。



ProVisionは今後も、パラアルペンスキーをはじめとするパラスポーツ競技の発展と、競技と仕事を両立するアスリート社員の活躍を応援してまいります。


【株式会社ProVision(プロビジョン)について】
横浜本社:〒220-8140 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号 横浜ランドマークタワー40階/33階・38階(検証ラボ)
代表者:社長 佐藤 瞳
設立:2005年4月
電話番号:045-872-4000
URL:https://www.pro-vision.jp/
横浜本社事業内容:
・品質検証事業
・品質コンサルタント事業
・業務DX・RPA導入サポート事業
・ニアショア事業
・オフショア事業
・ビジネスマッチングサービス「PRO∞LINK」開発・運営
https://www.pv-prolink.jp/

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
*本文書に記載している情報は、発表日時点のものです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ProVision >
  3. ProVisionアスリート社員の馬場圭美選手が、『令和3年度公益財団法人川崎市スポーツ協会表彰式』にて優秀賞を受賞!