アルテラ、『Embedded Technology West 2011(ET West 2011)』に出展

main image
アルテラは、2011年6月17日(木)~18日(金)インテックス大阪にて開催される
『Embedded Technology West 2011 (ET West 2011)』に出展いたします。

展示ブース(ブース番号:B-18)では、「全てお見せします!『アルテラの、組込みシステム最前線』」をコンセプトに、初級者向けにFPGA設計・開発手法、アルテラの製品ポートフォリオ、最新開発ソフトウェアのデモ、FPGAの産業機器ソリューションをご紹介いたします。

展示ブースでは、5月10日に発表された、FPGA/CPLD設計の生産性を最大化する、「Quartus(r) II開発ソフトウェア最新版v11.0」が初登場いたします。また、Quartus II v11.0に初めて製品版が搭載された、次世代システム統合ツール「Qsys」の初公開デモも行います。

FPGAトラックでは、FPGA初心者の方を対象としたセッションをはじめ、現在主流の60nm & 40nm製品から最先端28nm FPGAまで、幅広いアルテラFPGA製品群の解説や、アルテラのNios(r) II、ARM(r)、MIPS(r)などの広範なプロセッサ・ソリューションについて、紹介いたします。各セッションでは、アルテラ監修「FPGA用語集」の引換券を配布いたします(ブースにて先着250名に引き換え)。

パネルセッションでは、28nm時代を迎えるFPGA の現在、および今後、そして必要とされる設計技術と期待される市場についての議論に、アルテラからパネリストが参加いたします。


<ET West 2011出展概要>
■会期: 6 月 16 日 (木) ~ 17 日 (金) 10:00 ~ 17:00
■会場: インテックス大阪
■ブース番号: B-18
■主な展示/デモ内容
<最新版公開> FPGA/CPLD設計の生産性を最大化するQuartus II v11.0
<初公開デモ> アルテラFPGAによる組込み開発の生産性を圧倒的に向上するQsysデモンストレーション
開発キットを用いた、初級者向けFPGA/CPLDの設計・開発手法
アルテラFPGAの産業機器ソリューション - Industrial Networking Kit(INK)
アルテラのデバイス製品ポートフォリオ – 最先端デバイスの特長をプレゼンで解説 & 開発キットを展示

■カンファレンス - FPGA トラック ※無料(事前登録制)
6月16日(木) 10:15–11:00 「FPGA技術と設計の基礎の基礎」
6月17日(金) 10:15–11:00 「アルテラ社 最新FPGA製品ポートフォリオのご紹介」
6月17日(金) 11:15–12:00 「解説!アルテラFPGAベースのプロセッサ・ソリューション」

■カンファレンス – パネルセッション ※無料(事前登録制)
6月17日(金) 14:30–16:00 「高性能化・高集積化が進むFPGAを効率的に開発するために、今、何が必要か」


詳細は、こちらでご確認ください:
http://www.altera.co.jp/education/events/11/etwest2011/etwest2011.html

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本アルテラ株式会社 >
  3. アルテラ、『Embedded Technology West 2011(ET West 2011)』に出展