日立金属が企業向けAPRESIAの新シリーズを開発

-ApresiaNPシリーズ2機種の販売を開始 -

 日立金属株式会社はこのたび、企業ネットワークやデータセンター向けイーサネットスイッチAPRESIAシリーズの新製品として、ApresiaNPシリーズを開発し、先行して2機種を2016年5月下旬より日本国内にて順次出荷を開始する予定です。
 近年のIT投資は、オンプレミス(自社運用)からクラウド関連の投資に移行しており、ネットワークのサービス化「Network as a Service」が進んでいます。この環境の変化に対応するための新しいネットワーク基盤(New Platform)として、ApresiaNPシリーズを開発しました。
 ApresiaNPシリーズはNetwork as a Serviceに求められる機能を実装し、クラウドを強く意識したSDN(Openflow※1)や、VRF※2、スタック機能、EthernetOAM、G.8032などに対応します。また、これまで多くのお客さまにご利用いただいているAPRESIA独自機能の多くを継承します。
 今回販売を開始するのは、「ApresiaNP7000-48X6L」、「ApresiaNP5000-48T4X」の2機種です。これからも当社では、APRESIAシリーズのラインアップを拡充し、お客さまのニーズに最適な答えを提供できるよう努めてまいります。

 本製品は、6月8日(水)から10日(金)まで千葉県、幕張メッセで開催されるInterop Tokyo 2016の日立金属ブース(小間番号:4N16)にて、出展予定です。  

 

     ApresiaNP7000-48X6L               ApresiaNP5000-48T4X     ApresiaNP7000-48X6L               ApresiaNP5000-48T4X



APRESIA紹介ページ http://www.apresia.jp/
(リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。)


*1  Openflowは、将来対応予定です。
*2  VRF(Virtual Routing and Forwarding)は、将来対応予定です。
*3  オプションのApresiaNP5000シリーズ用40Gモジュールを実装した場合です。
*4  DC電源は、将来対応予定です。
*  APRESIAは、日立金属株式会社の登録商標です。
*  イーサネット、Ethernetは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*    Openflowは、オープン ネットワーキング ファンデーションの登録商標です。
*  掲載されている製品は、改良などのため予告なしに内容を変更することがあります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. APRESIA Systems株式会社 >
  3. 日立金属が企業向けAPRESIAの新シリーズを開発