インターネットでラジオを聴くことができるradikoアプリが全面リニューアル! ライブ聴取体験の向上、リスナーが気になる番組により出会いやすくなりました。

株式会社radiko(代表取締役社長:青木 貴博、所在地:東京都港区)は本日1月30日(月)、いつでも、どこでも、無料でラジオを聴くことができるスマートフォンアプリ「radiko(ラジコ)」を全面リニューアルし、約2週間の期間を設けて段階的に公開いたします(カナリアリリース※)。ユーザーの皆様よりいただいたご意見を反映し、従来アプリの基本機能を生かしつつ、より便利で使い心地のいいアプリを追求。ホーム画面を刷新し、スワイプしながら放送中の番組を直感的にザッピングできるようになったほか、背景色にはコンテンツの魅力が際立つ黒を採用しました。
※カナリアリリースとは…新バージョンのアプリをリリースする際、従来バージョンのアプリを並行稼働させながら段階的に新バージョンのアプリを 公開させる展開手法のことです。


■ライブ聴取体験を向上 ―  スワイプしながら直感的にザッピング    
ライブ放送中の番組を「ホーム画面」の上部に大きく表示することで、放送中の番組を視覚的にわかりやすくし、サムネイル画像をワンタップするだけで再生できるようになりました。また、サムネイル画像を横にスワイプすることで各局の番組を直感的にザッピングできるようになり、ライブの番組を楽しむラジオ本来の醍醐味を感じていただきやすくなりました。

■気になる番組により出会いやすく ― ホーム画面でおすすめの番組や人気番組を表示
「ホーム画面」ではライブ放送中の番組に加え、『おすすめの番組』や『急上昇』、『人気番組』のほか、「#気分転換におすすめ」「#音楽との出会いが楽しめる」など様々なテーマに沿ってタグ付けされた番組が表示されるようになり、自分好みの番組に出会うきっかけが大幅に増えました。また、検索画面も改善し、キーワード検索はもちろんジャンルごとの検索もしていただきやすくなりました。

■気になる番組を聴き逃さない ―  フォロー機能が新登場
従来のマイリスト機能※に代わり、新たにフォロー機能が登場。番組ごとにフォローできるようになり、お気に入りの番組の放送開始をしっかりお知らせできるようになりました。
※マイリスト機能は、リニューアル後のアプリでは提供を終了いたします

■定番機能はそのままに ―  もっと見やすく、使いやすく!
番組表など、従来アプリの定番機能はリニューアル後も引き続きご利用いただけます。機能はそのままに、見やすさ・使いやすさの向上を目指して改善を図りました。

■スマホ版ウェブサイトも同時リニューアル 
アプリに合わせ、スマートフォン版ウェブサイト(https://radiko.jp/mobile/)も全面リニューアル。一部の番組を除き、全国の放送局の番組を“3分間試し聴き”できるようになり、各地のラジオの魅力をより身近に体感していただきやすくなりました。  

 

 


新しくなったアプリの使い方動画が視聴できるWEBサイトも開設(https://radiko.jp/about)。
ラジコでは、一段と使いやすくなった新しいアプリ、ウェブサイトを通じて、ラジオ番組というオーディオコンテンツとユーザーとの出会いの場を広げ、新たなラジオファン創出とラジオ業界の発展を目指します。
 
  • アプリ リニューアル情報
・サービス名:radiko
・対応機種:iPhone、Android
・対応OS:iOS 13.0以降、Android OS 7.0以降
・App Store URL: https://apps.apple.com/jp/app/radiko/id370515585
・Google Play URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.radiko.Player
・アップデート公開: 2023年1月30日(月)より段階的に公開

 

 
  • ラジコとは
ラジコ(https://radiko.jp/)はスマートフォンやパソコン等でラジオが聴ける無料のサービスです。過去1週間以内に放送された番組をさかのぼって聴ける「タイムフリー」機能(無料)や、エリアを越えて全国のラジオ番組を楽しめる「エリアフリー」機能(月額385円/税込※)などを通じて、家の中はもちろん、通勤通学などの移動時にも、時間や場所を選ばず、どなたでも手軽にラジオを楽しんでいただくことができます。

2010年12月の設立時より、災害時の情報インフラとしての課題であった電波が届きにくい山間部や高層ビル群といった“難聴取エリア”の解消に取り組み、10年の節目にあたる2020年には、民放ラジオ全99局が参加。ラジコはいち早く放送局のデジタルプラットフォーム化を実現しました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による在宅リモート勤務・在宅授業などの普及・定着により、2020年春に月間ユニークユーザー数は900万人に到達。その後も同等のユーザー数を維持しております。“エリアの枠を越えてラジオを聴取したい”というユーザーの皆様の声を受けて2014年4月にスタートした『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』も順調に会員数を増やし、2022年8月には登録会員数が100万人に到達するなど、音声によるエンターテインメントの価値が大きく見直されつつあります。

(株)radikoは、音楽と人、エンターテインメントと人、テクノロジーと人、広告と人、地域社会と人、ラジコを取り巻くすべての関係を繋ぐオーディオ・プラットフォームをつくる、というラジコの未来像を目指し、今後もサービスの開発・提案を継続していきます。
ラジコ参加局:民放ラジオ全99局・NHK(ラジオ第1、NHK-FM)・放送大学

※App Store, Google Playから登録の場合は月額480円/税込

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社radiko >
  3. インターネットでラジオを聴くことができるradikoアプリが全面リニューアル! ライブ聴取体験の向上、リスナーが気になる番組により出会いやすくなりました。