コロナ禍を境に変化する“防災”への意識。

2020年9月1日「防災の日」

「防災」に関する意識調査
今回のテーマは「防災の日(9月1日)」にちなんだ“防災”に関するアンケートです。
Withコロナで「防災の日」を迎えるにあたり、みなさんの防災に対する意識には、どんな影響があったのでしょう?

調査対象:全国20歳~69歳男女 3004人

調査方法:Webアンケート

主な調査項目:
1.恐れているのはどんな災害?
2.「自然災害」に対する備えや意識の自己採点
3.自然災害への備え状況
4.非常用持ち出し袋の準備状況と内容
5.避難場所の認知状況
6.防災訓練の参加状況
7.コロナ禍による防災意識の変化

<新型コロナウイルスによる影響で生じた意識の変化>
n=3004

新型コロナウイルスによる影響で生じた意識の変化新型コロナウイルスによる影響で生じた意識の変化


全体ベースでそれぞれのTOP2をみると、「自宅の防災計画や備えを見直す必要がある」44.2%、「災害時の避難所への避難を検討する必要がある」が43.7%、「災害に対する防災意識が高まった」38.1%となり、コロナ禍を境に防災への意識が高まった傾向がみられます。

 


 
<今後「非常用持ち出し袋」に追加したいもの>
 n=3004

今後「非常用持ち出し袋」に追加したいもの今後「非常用持ち出し袋」に追加したいもの



例えば、「非常用持ち袋」に追加したいものでは、上位3項目のうち2項目が除菌グッズ・マスクなどの新型コロナウイルス感染予防に関連したグッズとなりました。
近年、記録的な大雨による洪水が増えるなど、防災意識が高まっているなかでの今回のコロナ禍。少なからず、防災への意識にも影響を及ぼしていることがうかがえます。
より具体的なアンケート内容や詳細については、自主調査レポートをご覧ください。

本件の自主調査レポートダウンロードページはこちら

URL:https://www.onoff.ne.jp/forms/corporate/disaster-report.html?Formname=corp_report_disaster200901#/

会社名  株式会社オノフ
代表者  代表取締役 安宅 正晴
所在地  東京都渋谷区神宮前3-35-19 バティマン・イケダ4F
設立   2000年10月17日
事業内容 マーケティング、コンサルティング、クリエイティブ、ウェブ・システム開発
Webサイト https://www.onoff.ne.jp/

データ・データ転載のお問い合わせ先:
株式会社オノフ
石橋:masaya.ishibashi@onoff.ne.jp
小坂:ippei.kosaka@onoff.ne.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オノフ >
  3. コロナ禍を境に変化する“防災”への意識。