エアウィーヴは、国際水泳連盟(FINA)主催「競泳ワールドカップ」のタイトルスポンサー。 10月28日、29日の「競泳ワールドカップ」日本開催に先立ち、FINAとの共同記者会見を行いました。

高反発マットレスパッド「エアウィーヴ」を製造・販売する株式会社エアウィーヴ(東京都中央区八重洲、代表取締会長:高岡本州)は、2016年から2017年の2年間、国際水泳連盟(FINA)が主催する「世界水泳選手権会」、「世界短水路選手権大会」のオフィシャルパートナー、及び2015年から2017年の3年間は「競泳ワールドカップ」のタイトルスポンサーとして協賛しています。10月28、29日の競泳ワールドカップ日本開催に先立ち、10月27日、FINAの佐野和夫理事と株式会社エアウィーヴ会長の高岡が共同記者会見を行いました。

競泳ワールドカップは、40ヵ国以上の国と地域を代表する延べ2,000人を超える競泳選手が参加する一大イベント。2015年度はパリや北京など、8月から毎月2回、各国で開催されています。各国会場では、選手のウォーミングアップエリアにエアウィーヴを設置している他、金メダリストに商品を提供するなど、選手たちのコンディション作りをサポートしています。今回、日本では、2008年に北島康介選手が世界新録を樹立し大きな話題になった東京辰巳国際水泳場で開催されます。会場では、一般の方々にもエアウィーヴを体験いただけるブースを設け、27日には、北島康介選手もブースに登場しました。

今回のパートナー契約に、FINAの佐野和夫理事は、「エアウィーヴのサポートにより、オリンピックでも活躍するなど、さらなる飛躍を遂げる選手が増えることが期待されます。」とコメントしました。また、エアウィーヴの高岡は、「FINAのタイトルスポンサーを務められるのはとても光栄です。選手たちのベストなパフォーマンスを、これからも支えていきたい。」と述べ、大会への期待を表していました。

エアウィーヴは、睡眠を通して世界の人々の健康に寄与することをミッションと考え、2015年からは  アジア、アメリカなどへ本格的なグローバル展開を進めています。大会に出場する選手たちには、最高のコンディションで競技ができるよう、睡眠を通して強力にサポートしてまいります。

<高反発マットレスパッド「エアウィーヴ」の特長>

エアウィーヴは、今お使いの寝具の上に一枚重ねるだけで寝心地を

グレードアップするマットレスパッドです。
『空気(air)』を『編む(weave)』ような構造で極細繊維状樹脂を
三次元的に絡み合わせることで、素材の9 0 % 以上が空気という
独自の構造を実現しています。
そのため、「まるで空気の上で眠っているような快」が実現できます。

快適な寝心地が評価され、トップアスリート、JAL国際線ビジネスクラスや
ファーストクラスをはじめ、石川県和倉温泉「加賀屋」全室等
様々な採用実績があります。

■会社概要■

商号:株式会社エアウィーヴ

創立:平成16年11月11日
代表取締役会長:高岡 本州
所在地:東京都中央区八重洲2-1-6
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エアウィーヴ ホールディングス >
  3. エアウィーヴは、国際水泳連盟(FINA)主催「競泳ワールドカップ」のタイトルスポンサー。 10月28日、29日の「競泳ワールドカップ」日本開催に先立ち、FINAとの共同記者会見を行いました。