経済産業省後援 企業×NPO=イノベーション 共創コンテスト「Co-creAction Award 2018」 最終審査会を2月23日に開催!

Ideal Leaders (アイディール・リーダーズ)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:永井恒男、川本裕二)は、企業とNPOとの共創コンテスト「Co-creAction Award 2018」の最終審査会を2018年2月23日に開催します。本コンテストでは、首都高速道路株式会社、ハウスウェルネスフーズ株式会社、株式会社東急不動産R&Dセンター、株式会社エイジス、等の企業から依頼されている “共創テーマ(お題)” に対してNPOが各団体ならではの知見、リソースや専門性を活かした革新的なアイディアを提案します。最終審査会では、ファイナリストに選ばれたNPO複数団体からのプレゼンテーションをもとに審査を行い、最優秀賞100万円、優秀賞50万円を授与します。また、当日は、審査委員長に一橋大学大学院国際企業戦略研究科 名和高司特任教授からのキーノートスピーチも予定しています。本コンテストは経済産業省からの後援を受けています。
参加費は2,000円。皆様のご参加・ご取材をお待ちしております。
お申し込み先はこちら: https://peatix.com/event/340093 

 


一橋大学大学院国際企業戦略研究科
名和高司特任教授
東京大学法学部卒、ハーバード・ビジネス・スクール修士(ベーカースカラー授与)。三菱商事の機械(東京、ニューヨーク)に約10年間勤務。 2010年まで、マッキンゼーのディレクターとして、約20年間、コンサルティングに従事。自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において、次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。
2010年6月より、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。
株式会社ファースト・リテイリング、株式会社デンソー、味の素株式会社などの社外取締役。インターブランド社など複数社のシニア・アドバイザー。IPR(Industry Process Redesign)という手法を提唱し、METIと共同で、6産業の業界構造変革の道筋とその経済効果を発表。多様な業界において、業界再編・異業種共創を提唱し、複数のM&A、アライアンス案件を支援。2013年より、CSVフォーラムを立ち上げ、毎月30社前後の日本を代表する企業と、J-CSV(日本型)CSVを研究。
主な著書に『失われた20年の100社の勝ち組企業100社の成功法則~X経営の時代』(2013、PHP研究所)、『CSV経営戦略』(2015、東洋経済新報社)、『成長企業法則~世界トップ100社にみる21世紀型経営のセオリー』(2016、ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。その他、著書・寄稿多数。


“共創テーマ(お題)”の詳細など、Co-creAction Award 2018については、公式Webサイトをご覧ください。:http://co-creaction.jp
最新の情報は、Facebook(https://www.facebook.com/cocreactionaward/)、
Twitter(https://twitter.com/CocreAction)でも発信しています。



【2016年イベントの様子】

 


 
【Co-creAction Award 2018】

 

 


参加企業(五十音順)



協力



後援




■Co-creAction Award 2018 について
企業とNPOが一緒に課題に取り組むことにより、両者に事業上のメリットを生み出し、同時に社会もよりよくなっていく・・・こんな新しい共創の形が、ソーシャルイノベーションを持続的に進めていく上でのカギとなるのではないでしょうか。
セクターを越えたプレイヤー間での共創をプロデュースするのが、<Co-creAction>。
Ideal Leaders株式会社は、その第三弾として、企業とNPOのマッチングをコーディネートするためのコンテスト、Co-creAction Award 2018 を開催します。


<Co-creAction Award で目指したいこと>
近年、企業においては、事業を通じて経済的利益と社会的な課題解決との両立を目指す、「CSV:Creating Shared Value」が注目されていますが、何を・誰と・どのように取り組めば良いか模索している方が多いのではないでしょうか。
一方で、NPOにおいては強烈なビジョンや特定分野での高い専門性はあるものの、事業を拡大するためのリソース(資金・人材など)や、サービス提供の場・機会が限られている、という現状があります。
この両者が出会い、真のパートナーとして連携することが、ソーシャルイノベーションを加速させる鍵となると考えています。
このような想いから、企業とNPOのセクターを超えた出会い・共創を生み出すプラットフォーム構築を目指した、Co-creAction Award を開催します。
 



<Co-creAction Award 2018 概要>
企業から出された“共創テーマ(お題)”に対し、NPOが提案をするアイディアコンテストです。
コンテスト開催により、パートナーとして共に課題に取り組む企業とNPOとの出会いのきっかけを提供し、ソーシャルイノベーションの実現・加速を目指します。

<共創テーマ(お題)>
企業から出される“共創テーマ(お題)”は、自社の利益だけではなく、社会的インパクトも伴う経営・事業課題に対し、NPOならではの知見やリソースの活用が期待されるテーマとなります。

<応募資格>
企業との共創に対して、意欲とアイディア溢れるNPOの方。(同一NPOから複数テーマに対する応募も可能。)

<審査基準>
提案内容に対し、具体性、新規性・革新性、実現可能性、発展性の観点から審査します。
審査委員長:名和高司 一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授

<賞金>
最優秀賞:100万円、優秀賞:50万円

<スケジュール>
  • NPOからの提案エントリー: 2018年1月22日(月)〆切
  • 一次審査結果通知: 2018年1月下旬
  • 最終審査・表彰式: 2018年2月23日(金)15:00~18:30 (14:30受付スタート)
懇親会スタート:18:30予定
会場: 31VENTURES Clipニホンバシ
(東京都中央区日本橋本町3丁目3-3 Clipニホンバシビル1階)
参加費:2,000円 (懇親会含む)
参加申し込み:https://peatix.com/event/340093
  • 企業との共創: 2018年3月以降
            参加企業からのリクエストに応じて、提案を行ったNPO(受賞の有無に
            関わらない)と企業で共創を実行に移します。
<参加企業>(五十音順)
株式会社エイジス、株式会社 折勝商店、首都高速道路株式会社、株式会社東急スポーツオアシス、株式会社東急不動産R&Dセンター、株式会社東急リゾートサービス、ハウスウェルネスフーズ株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、株式会社リジョブ

※メディアの方による取材も可能です。詳しくは下記までお問い合わせください。
本件に関する資料はこちらからダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d14688-20180124-3681.pdf

——————————————————————————————————————————
本件に関するお問い合わせ先:
アイディール・リーダーズ株式会社 上野・丹羽(info@ideal-leaders.co.jp)
  1. プレスリリース >
  2. アイディール・リーダーズ株式会社 >
  3. 経済産業省後援 企業×NPO=イノベーション 共創コンテスト「Co-creAction Award 2018」 最終審査会を2月23日に開催!