経済産業省 事業の採択団体コラボヘルス研究会による実証事業において、「ムーヴバンド」および「WM for business」が採用されました

 ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉 正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)が提供するウェアラブル端末とヘルスケアソリューションサービスが、経済産業省 平成27年度補正予算「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(企業保険者等が有する個人の健康・医療情報を活用した行動変容促進事業)の1つの採択事業「コラボヘルス研究会によるIoTを活用した糖尿病予防・健康増進活動の効果検証事業」(代表団体:株式会社イーウェル(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:藤田 玲、https://www.ewel.co.jp)において採用されました。

本事業におけるドコモ・ヘルスケアの役割は以下の通りです。
・ウェアラブル端末「ムーヴバンド2」の提供 (歩数、睡眠時間等の計測)
・法人向け健康管理サービス「WM for business」の提供 (個々人が計測した健康情報をクラウドで一括管理)

本事業について、詳しくは株式会社イーウェルの報道発表をご覧ください。
https://www.ewel.co.jp/category/news-release/p11582/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ドコモ・ヘルスケア株式会社 >
  3. 経済産業省 事業の採択団体コラボヘルス研究会による実証事業において、「ムーヴバンド」および「WM for business」が採用されました