ご利用企業様1,300社を超えるシェアNo.1クラウド型建設プロジェクト管理ツール「&ANDPAⅮ」。改ざん検知機能を備えた電子小黒板の搭載を認定

〜画像改ざんを防止し、電子黒板で業務効率化〜

 クラウド型建設プロジェクト管理サービス「&ANDPAD」(アンドパッド)を運営する株式会社オクト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲田武夫、以下 オクト)は、弊社の提供するスマートフォンアプリ「&ANDPAD」 が、デジタル工事写真の小黒板情報電子化対応ソフトウェアの信憑性確認(改ざん検知機能)に適合したことをお知らせします。
 これより「&ANDPAD」で記録されるJPEG画像は、電子政府における調達のために参照すべき暗号のリストCRYPTREC 暗号リストに記載されている技術を使用した信憑性確認機能(改ざん検知機能)を有することが証明されます。

 

信憑性確認(改ざん検知機能)を搭載したソフトウェアには、それを示すロゴマークが記載されています。信憑性確認(改ざん検知機能)を搭載したスマートフォンなどで撮影した工事写真は、撮影後、不適切な修正が加えられていないか確認することができます。

現場の進捗や出来栄えを確認するための写真台帳は、現在も手書きのチョーク書き黒板を用いての撮影が主流ですが、同じ内容の二度打ちの手間や狭い場所や高所など危険な現場に黒板を持ち込む必要があるなど、作業する上で不便なことが多くありました。しかし、&ANDPADをお使いいただくことで、スマートフォンでの写真撮影や黒板機能のご利用が可能となり、作業効率を高めることができます。加えて、改ざん検知機能を搭載したソフトウェアとして、セキュリティ面でも安心して電子黒板機能をご利用いただくことができます。

今回のアプリ提供により、さらに多くの現場担当者様に便利にANDPADを使っていただけることを目指します。
 


■「&ANDPAD」の利用で期待される効果

(1)頻繁な電話や集合しての連絡調整で生じる手間と時間を低減することが可能となるため、施工性の向上が図ることができます。
(2)すべての関係者が現状をタイムリーに把握することができ、スムーズな施工が可能となるため、工程の短縮が図ることができます。
(3)連絡調整が合理的に行えるため、省力化となり、経済性の向上が図ることができます。

「&ANDPAD」は引き続き、より多くの企業様に便利にご利用いただけるよう、サービスの改善・拡充に努めてまいります。


【「&ANDPAD」(アンドパッド)について】

・PCサイトURL : https://andpad.jp/
・対応機種: iOS(iOS 10.0以上。iPhone/ iPad/ iPod touchに対応)、Android(4.2 以上)

 「&ANDPAD」は、現場の効率化から経営改善まで一元で管理していただけるクラウド型建設プロジェクト管理サービスで、国交省が運営するNETIS(新技術情報提供システム)にも登録されています。特に民間の新築・リフォーム、商業建築などの施工現場で、スマートフォンアプリを中心にご利用いただいております。2018年8月時点で1,300社を超える企業様にご導入いただき、シェアNo.1の施工管理アプリとなっております。

 ご利用者様からは「今まで常態化していた工期遅れがほとんど無くなり、現在は予定通りに完工している(東京都R 社 現場担当)」「チャット機能で職人さんとのコミュニケーションが容易になったことで、施工品質を維持し、施主さんとのトラブルも減っている(神奈川県R 社 現場担当)」といったお声を頂いております。


【株式会社オクトについて】
・会社名: 株式会社オクト
・代表者: 稲田武夫
・所在地: 東京都千代田区神田紺屋町15番地   グランファースト神田紺屋町6階
・URL   : http://88oct.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アンドパッド >
  3. ご利用企業様1,300社を超えるシェアNo.1クラウド型建設プロジェクト管理ツール「&ANDPAⅮ」。改ざん検知機能を備えた電子小黒板の搭載を認定