クラウド名刺管理Sansanで「健康経営 睡眠改善プログラム」を全社員に実施。大手ヘルスケア企業3社、ニューロスペース、大塚製薬、ドコモ・ヘルスケア共同で睡眠トータルソリューションを提供

睡眠負債をなくしハイパフォーマービジネスマンになる睡眠の技術を伝授

『睡眠の技術』で企業の健康経営と働き方改革を推進する株式会社ニューロスペース(東京都千代田区 代表取締役社長 小林 孝徳 以下、ニューロスペース)は、クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 寺田 親弘)の全社員に対し、企業向け睡眠改善プログラムSommnieを実施致しましたのでお知らせいたします。


今回の睡眠改善プログラムでは、事前アンケートによる全社員および全部署の典型的な睡眠実態を調査し、それぞれの睡眠課題に最適化されたオーダーメイドソリューションを盛り込んだ『Sansanで働く皆様が一生使える睡眠の技術』研修会を実施いたしました。

【Sansan株式会社オフィシャルブログ】
https://jp.corp-sansan.com/blog/2017/05/post-55.html
 



睡眠を主観データのみならず客観データで可視化するため、本プログラムではドコモ・ヘルスケア株式会社からウェアラブル活動量計『ムーヴバンド3』を20人へ提供、更にソリューションとして大塚製薬株式会社から機能性表示食品『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』を希望者に提供しました。
3ヶ月間にわたり従業員の睡眠データを「体動」と「主観データ」をもとにモニタリングし、生活習慣や行動変容のノウハウを継続的に提供、更に体内時計の維持や質の良い眠りをサポートする機能性食品も用いることで不規則な勤務体系やリズムにも効果が期待できます。
今回の取り組みは、睡眠状態の可視化、研修会、機能性表示食品まで提供する、国内初となる企業向け睡眠トータルソリューションプログラムになります。
 



■Sansan株式会社 (人事部:我妻小夜子)
弊社では「フィット」という名のもとに社内制度として健康施策を積極的に推進しております。今回は社員のパフォーマンスの最大化を通じて、事業成長を加速させていくための健康施策の一つとして、睡眠改善プログラムの開催に至りました。プログラム実施後は社員の間でも積極的に改善に取り組む姿が見られ、睡眠の質を向上させようというムードの醸成に繋がったと考えています。




■大塚製薬株式会社 (大塚製薬株式会社 NC事業部:菅谷建作)
 5人に1人が睡眠による休養が充分にとれていないと感じるなど、日本人の多くが何らかの睡眠問題を抱える昨今、その要因の一つとして生体リズムの乱れが注目されています。当社はこの生体リズムに着目した「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」を5月29日よりテスト販売開始しました。生活が不規則になりがちで、睡眠に満足感を得られていない方の睡眠の質サポートできればと考えています。
【賢者の快眠 睡眠リズムサポート 公式URL】https://www.otsuka.co.jp/knk/



■ドコモ・ヘルスケア株式会社  (ドコモ・ヘルスケア株式会社 ソリューション事業部 杉村優)
昨今、従業員の健康増進によって労働生産性の向上を目指す企業が増えています。弊社も従業員の健康増進をサポートするサービスを提供させて頂いており、今回は従業員の方々に睡眠の時間と質を計測できるウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」をご利用いただいております。これにより、Sansanの皆様の睡眠改善とパフォーマンスの最大化に、少しでも貢献できればと存じます。
 



ニューロスペースでは今後も多くの企業と連携し、『睡眠の技術』を軸として企業の健康経営と生産性向上プラットフォームの構築に向けて精進してまいります。

 
■本プレスリリースおよび睡眠改善プログラムに関するお問合せ
株式会社ニューロスペース お問合せ窓口
連絡先:TEL: 03-5843-8733(代) Mail: info@neurospace.jp
URL:http://neurospace.jp/
住所:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階KSフロア
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニューロスペース >
  3. クラウド名刺管理Sansanで「健康経営 睡眠改善プログラム」を全社員に実施。大手ヘルスケア企業3社、ニューロスペース、大塚製薬、ドコモ・ヘルスケア共同で睡眠トータルソリューションを提供