「空室を埋めるリフォーム」販売開始

~ 低価格の原状回復と入居者募集をワンストップで提供 ~

 当社(東京都新宿区:代表取締役社長 宮地 正剛)は、首都圏の一部エリアを対象に、賃貸物件に特化した空室対策サービス「空室を埋めるリフォーム」を販売開始しました。
 本サービスは、空室の長期化に課題を持つ賃貸オーナーに、“低価格の原状回復と入居者募集サポート”をワンストップで提供します。部屋の状態やご予算に応じて3つのプランを用意し、施工内容・施工期間、投資金額など賃貸物件の課題に応じたサービスを選ぶことができます。
■背景
 2033年には空き家数が30.2%を超え、3戸に1戸は空き家になると予想(株式会社野村総合研究所)され、その過半数は賃貸物件といわれています。
 これからの賃貸経営では、効果的なリフォームで空室期間を圧縮し、家賃収入を安定的に得られる仕組みがより一層求められています。
 当社は保証事業を通じて構築した仲介ネットワークや集金管理ノウハウに低コストの原状回復を組み合わせることで、オーナー様の賃貸経営をさらに支援してまいります。

■3つの特徴
1.デザイン原状回復
  壁面の一部にアクセントクロスを施すなど、部屋のデザイン性を高めた修繕を低価格で提供し、
 次の入居者に選ばれる工夫を最大限提案。
2.入居者募集サービス
  物件の魅力をより効果的に伝えるオリジナル募集図面を作成し、空室情報を仲介ネットワークへ
 幅広く配信。
3.家賃の集金・保証サービス
  入居期間中の家賃は前月末に100%入金。更新料、原状回復費のほか、さらに万が一の法的手続き
 費用も保証。さらに孤独死保険も自動付帯され賃貸経営をサポート。

■「空室を埋めるリフォーム」サービス概要

 

■各種プラン
【原状回復プラン】定額基本料金79,800円
 アクセントクロスを張るなどの工夫を凝らし、お部屋のデザイン性を高めます。
 これまでのただの修復に留まらず、次の入居者が見つかる工夫を最大限提案します。

 


【3つのリフォームプラン】
 お部屋の状態やご予算に合わせて選べるパッケージを用意。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Casa >
  3. 「空室を埋めるリフォーム」販売開始