【東京・名古屋開催】国際弁護士事務所DLA PIPER LLP 国際知財シンポジウムに代表の白坂一弁理士が登壇します!

ー米国、ヨーロッパより第一線で活躍する海外弁護士と一緒に最新の知財法セミナーを開催ー

2017年10月17日(火) 午後に名古屋ミッドランドホール、10月19日(木)丸の内MY PLAZAホールにおいて、国際弁護士事務所DLA PIPER LLP 国際知財シンポジウムに代表の白坂一弁理士が登壇します!モノのインターネット(IoT)やブロックチェーン、マシンラーニング(機械学習)、クラウド・コンピューティング、人工知能等の新技術は、全てのモノと全ての人が繋がった世界で競争するよう企業の運営を変換するため、企業の運営方法を著しく変更します。新技術および主要戦略的資産としてのデータ管理戦略、米国連邦最高裁判所による特許法の新しい方向性、EU競争法に関する反トラスト/ 知財の調和、揺れ動く最先端領域、ライフサイエンス分野における協力契約と企業秘密クレームをナビゲート、そして最後のパネルディスカッションにおいて「オープンソースソフトウェアの使用」に関して、弊所代表の白坂が登壇します。
シンポジウムのトピックは次の通りです。

米国連邦最高裁判所による特許法の新しい方向性、興味深い時期
長い沈黙の末、米国連邦最高裁判所は、近年、知的財産訴訟に関する問題を取り上げ、その方向性に変化を与える重要な意見を言い渡すようになりました。シンポジウムでは、最近の最高裁判所でのケースに注目しながら、知財保護を追求し他社の特許から自らを守る訴訟当事者に対する影響を検討し、今後の最高裁判所の動きを予想します。

デジタル戦略的資産の管理、新技術の効果および企業のデジタル・トランスフォーメーションにおけるデータ最適化をナビゲート
モノのインターネット(IoT)やブロックチェーン、マシンラーニング(機械学習)、クラウド・コンピューティング、人工知能等の新技術は、全てのモノと全ての人が繋がった世界で競争するよう企業の運営を変換するため、企業の運営方法を著しく変更します。新技術および主要戦略的資産としてのデータ管理戦略、そしてデジタル・トランスフォーメーションに関するリスクについても説明します。

反トラスト/ 知財の調和、揺れ動く最先端領域
この10年、EU競争法はライフサイエンスとテクノロジーの分野で、知的財産権の行使に対する干渉を徐々に高めてきました。潜在的なリスクとそれを回避するためのアドバイスを提供します。

ライフサイエンス分野における協力契約と企業秘密クレームをナビゲート
ライフサイエンス分野では、協力契約と企業秘密の保護という特別な問題が存在します。シンポジウムでは、企業秘密を守り、協力パートナーからの企業秘密クレームを回避する実務的なアドバイスを提供します。

パネルディスカッション(日本語):オープンソースソフトウェアの使用
オープンソースソフトウェア(OSS)は多大な技術的利益をもたらす可能性がありますが、他方で、ビジネス環境に重大な法的リスクを引き起こす可能性もあります。パネルディスカッションは、ゲストスピーカーとして、自動車業界におけるOSS促進に関するリーダーであるトヨタ自動車株式会社 遠藤雅人氏を招待して、OSSの有効利用とOSSに関するリスク回避について、議論します。

MCLE credit is available for this event.

講演者:
John Allcock
グローバル共同議長、知的財産技術部門
DLA Piper (サンディエゴ)

Dr. Bertold Bär-Bouyssière
パートナー、訴訟および規制部門
DLA Piper(ブリュッセル)

Richard Mulloy
共同議長、米国ライフサイエンス部門
パートナー、特許訴訟、知的財産技術部門
DLA Piper (サンディエゴ)

Ferlillia Roberson
カウンセル、特許訴訟、知的財産技術部門
DLA Piper(シカゴ)

Vinny Sanchez
グローバル共同議長、技術取引および戦略的業務配分部門
DLA Piper(ロサンゼルス)

Lisa Tenorio-Kutzkey
パートナー、訴訟および規制部門
DLA Piper(サンフランシスコ)

丸山 秀三
特許訴訟、知的財産技術部門
DLA Piper(シカゴ)

野中 高広
訴訟・規制部門、部門長
DLA Piper(東京)

白坂 一
特許業務法人白坂 代表弁理士 兼 株式会社ゴールドアイピー 代表取締役

遠藤 雅人
主任
知的財産部
トヨタ自動車株式会社

​【名古屋シンポジウム】
2017年10月17日(火)
12:30 p.m. – 1:00 p.m. 登録
1:00 p.m. – 5:30 p.m. シンポジウム
ミッドランドホール 〒450-6205名古屋市中村区名駅四丁目7-1ミッドランドスクエア オフィスタワー5F

【東京シンポジウム】
​スケジュール:2017年10月19日(木)
12:30 p.m. – 1:00 p.m. 登録
1:00 p.m. – 5:30 p.m. シンポジウム
5:30 p.m. – 6:30 p.m. レセプション
場所:丸の内MY PLAZAホール 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル4階

<お申込み先>
株式会社ゴールドアイピー  辛島 志野
TEL: 03-6386-4247 FAX: 050-3153-3544
​E-mail info@goldip.co.jp     
以下の内容を記載の上、お申込みをお願い致します。
氏名: 
役職:
会社: 
Eメール: 
所在地: 
市区町村: 
都道府県:
郵便番号:
国: 
バッジに記載すべきお名前:
セミナー場所:名古屋 or  東京
特別なニーズがある場合はお知らせください:            

【株式会社ゴールドアイピーについて】
ゴールドアイピーは2017年3月3日(金)に、未来創生ファンド(スパークス・グループ株式会社を運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を主要投資家とする 17 社の出資で運用)、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社および三生キャピタル株式会社から、1億2,800万円の資金を調達。今後、海外への特許出願を望む企業と、海外の弁護士・弁理士を直接結びつける日本初のコミュニケーションサービス「アイピーダイレクト」の開発・提供、人工知能(AI)を用いた知財価値評価システムのサービスの提供、AIを搭載した法律ロボット「リーガロボ」の提供を加速させて参ります。

◆株式会社ゴールドアイピー
代表取締役社長 :白坂 一
会社設立    :2015年9月11日
所在地     :東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディングEGG JAPAN
資本金     :6500万円(2017年9月30日現在)
事業内容    :知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL      :http://goldip.co.jp/

​◆アイピーダイレクトご紹介
 株式会社ゴールドアイピーが提供する、国内初の知的財産の海外権利化のためのトータルソリューション「アイピーダイレクト」です。本ソリューションは、セキュアな専用サーバを利用して、スタートアップをはじめとする企業・発明者様と、海外の弁護士とを専用ビジネスチャットで結ぶことを可能とし、年間初期費用5万円で利用できることから、海外出願のコストを大幅ダウンすることが可能となります。 本ソリューションは、セキュアな専用サーバを利用して、スタートアップをはじめとする企業・発明者等のユーザと、海外の弁護士とを専用ビジネスチャットで結ぶことを可能とし、年間初期費用5万円で利用できることから、海外出願のコストを大幅ダウンすることが可能となります。また、英語や出願業務に不慣れなユーザのために、知的財産の事務業務を行うアイピーコンシェルジュがチャット・テレビ会議・電話会議によってサポートし、さらに、ファイル共有・カレンダー共有等により、出願のための納期管理・データ管理を可能とします。          
​DLA Piperオフィスにも海外出願のサポート弁護士事務所として海外出願のご支援を頂いております。
Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=EpPIjNgshco

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴールドアイピー >
  3. 【東京・名古屋開催】国際弁護士事務所DLA PIPER LLP 国際知財シンポジウムに代表の白坂一弁理士が登壇します!