第36回ニューカレドニア・モービル国際マラソン川内優輝選手が優勝・来年もリベンジ参加を表明

去る8月26日(日)に開催された「第36回ニューカレドニア・モービル国際マラソン」で招待選手の川内優輝選手が、2時間18分18秒で優勝。来年は大会記録(2時間16分56秒)更新を目指すリベンジ参加を表明しました。また今大会には総勢83名の日本人ランナーが参加。男子フルマラソンでは上位6名が日本人選手となるなど、大いに活躍し、盛り上がりを見せました。

表彰式の様子表彰式の様子

第36回目の開催となった今年の「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」。今年は招待選手として、ボストンマラソン優勝などの経歴を持つ公務員ランナー・川内優輝選手(埼玉県庁)が出場。2時間18分18秒の記録で、見事、優勝を飾りました。川内優輝選手は2008年にも「ニューカレドニア・モービル国際マラソン」に参加。川内選手にとってこのときが初めての海外レース参戦であり、このときに「海外レースってこんなに楽しいだ!」と感じた体験が、ご自身のマラソン人生の“原点”となりました。

その“原点”からちょうど10年目を迎える今年は、大会新記録の更新を目指していましたが、「美しい景色の中を走るのが楽しくなってしまい、時を忘れた」と想定外の“敵”にはばまれ、記録更新とはなりませんでした。
そのため、来年は大会記録更新へのリベンジ参加を、すでに表明されています。

また、大会の日本人参加者は総勢83名にのぼり、男子フルマラソンでは4位の川内優輝選手の弟・川内鴻輝選手をはじめ上位6位までを日本人ランナーが独占。女子フルマラソンも1位・2位、4位が日本人ランナーと、数多くの日本人参加者が活躍されました。
本年大会の様子は、写真や動画とともに下記サイトからご覧ください。
https://www.marathon-nouvellecaledonie.com/ja/2018-04-19-10-25-48/news

来年の大会は8月25日(日)を予定。大会の開催される8月は現地では冬にあたり、日中の気温が20〜25℃と涼しく快適な気候の中、美しい海を望みながらの心地よいランニングが楽しめます。フルマラソンのほか、ハーフマラソン、10kmマラソンなどがあり、マラソン上級者だけでなく、初心者も気軽にご参加いただける大会です。
大会前後には、パスタパーティーなど他の参加者や現地の人々と交流する機会も設定され、走るだけでない楽しみもご体験いただけます。

また、大会が開催されるニューカレドニアの首都・ヌメアは、多彩なマリンアクティビティー、フランス領ならではの一流の味が満喫できるレストラン、おしゃれなファッションや雑貨などが揃うショッピングなど、数々の魅力を備えた街です。観光と組み合わせての大会参加も、ぜひご検討ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コネクトワールドワイド・ジャパン >
  3. 第36回ニューカレドニア・モービル国際マラソン川内優輝選手が優勝・来年もリベンジ参加を表明