「炎上・クソリプ・クソコメ」SNS時代の罪や穢をスマホから神社に送信して祓っていただく新サービス『SNS年越大祓(おおはらえ)』を12月28日から受付開始。12月30日まで。

〜炎上・クソリプ・クソコメは現代人を蝕む罪や穢、スマホからサクッと送って身も心もきれいにしちゃいましょう〜

人と神社をICTでつなぐ崇敬会支援事業を行う一般社団法人神社崇敬会(事業所:東京都目黒区、代表理事:秀島康右)は、2018年12月28日より、現代の罪や穢であるSNSの「炎上・クソリプ・クソコメ」をスマホから神社に送信して祓っていただく新サービス『SNS年越大祓(おおはらえ)』を12月30日まで受付いたします。
【URL】https://sukei.jp/
【サービスURL】https://oharae.jp/


大祓(おおはらえ)とは

大祓(おおはらえ)とは、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清め、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむことを目的とした神事です。 人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などで身体を撫でて身についた半年間の罪や穢れを人形にうつし、神社で大祓詞を唱え、人形を大海原に流す、ご浄火でお焚き上げすることで罪や穢れを祓います。

私達たち神社崇敬会は、神社本来の存在意義である神事や行事を通して、薄らいでいく神社と人のつながりを新たに築こうとする活動を行っています。いまや認知度が5%を下回る(※アンケートより)大祓式を根付かせるために、様々な取り組みをおこなっています。

大祓に使用される人形は、奈良時代の呪符木簡から現在も使用されている紙製の人形まで、1,200年以上も形を変えずに伝えられてきました。しかし、現在では氏子の減少や若年層の神事離れから、人形による祓いの風習もしだいに薄らいでいっています。そんな時代背景を鑑みて、スマートフォンから罪や穢を神社に送信し、祓い清めていただくWebサービス『スマホおおはらえ』を2015年7月より提供しております。

木から紙へ、紙からLEDディスプレイへ、罪や穢を遷して送るメディアは変われども、清らかな心で毎日を過ごすための美しい日本の心は変わることはありません。スマホおおはらえをご利用いただき、日本の美しい心に触れてみてはいかがでしょうか。
 


新サービス「SNSおおはらえ」
罪や穢と聞いてもピンとこない方も多くいらっしゃると思いますが、現代社会でも知らず知らずのうちに罪や穢が身に付いている例としてSNS利用時のストレスなどがあるでしょう。SNSのストレスの原因として炎上やクソリプ、クソコメなどが挙げられます。「おおはらえ」では、そんなSNS上のストレスの原因でもある「炎上・クソリプ・クソコメ」を神社に送信して祓っていただく新たなサービスを開始しました。スクリーンショットなども添付できますので、ガンガンご利用くださいませ。

【スマホおおはらえ】
  • 受付期間 2018年12月28日~同年12月30日18:00まで
  • 【サービスURL】https://oharae.jp/

【SNSおおはらえ】
  • 受付期間 2018年12月28日~同年12月30日18:00まで
  • 【サービスURL】https://oharae.jp/

【法人概要】
法人名:一般社団法人 神社崇敬会
所在地:〒152-0023 東京都目黒区八雲二丁目6番11号 1F
電話番号:03−6421−1871
設立:2017年4月10日
URL:「すうけい」https://sukei.jp/
URL:「KITOKAMI」https://kitokami.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 神社崇敬会 >
  3. 「炎上・クソリプ・クソコメ」SNS時代の罪や穢をスマホから神社に送信して祓っていただく新サービス『SNS年越大祓(おおはらえ)』を12月28日から受付開始。12月30日まで。