業界初*、KLOOKが「コロナお守りパック」付テーマパークチケット発売

ハウステンボス、ムーミンバレーパーク、レゴランド®・ジャパンなどの人気施設チケットに、お値段据え置きで「コロナお守りパック」付保

世界をリードする旅行・レジャー予約サイト「KLOOK(クルック)」)は、3月10日、東京海上日動火災保険と締結した国内旅行傷害保険契約「コロナお守りパック」を付保した旅行・レジャー商品を発売します。コロナお守りパックは、おでかけ中の医療相談デスクと新型コロナウイルス感染症を発病した場合の補償を組み合わせたものです。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ハウステンボス、ムーミンバレーパーク、レゴランド®・ジャパンなどの人気テーマパーク入場チケットにに付保されるのは業界初*となります。緊急事態宣言解除後に引き続き感染症対策を徹底しつつ、万一に備えた補償で少しでも安心してお出かけを楽しんでいただけるよう、当社が保険料を負担し商品価格据え置きで導入いたしました。


*Google検索数上位100位以内の国内テーマパーク・遊園地・動物園等のレジャー施設において。2020年3月10日現在。当社調べ。

【「コロナお守りパック」について】
「コロナお守りパック」は、当社と東京海上日動火災保険株式会社との間で締結された国内旅行傷害保険契約です。


対象商品:当社の主な国内旅行・体験商品約40点
対象商品一覧:https://www.klook.com/ja/promo/covid_insurance_2021
補償内容:
新型コロナウイルス感染症一時金特約: 以下のいずれかに該当した場合、保険金(3万円)をお支払い
・国内旅行中または旅行終了後14日以内に新型コロナウイルス感染症を発病(*1)したとき
・国内旅行中に、旅行同行者(*2)が新型コロナウイルス感染症を発病(*1)したとき
メディカルアシストサービス:旅行先でも安心の24時間サポート(お電話による各種医療相談)
・24時間常駐の救急科の専門医・看護師による緊急医療相談
・医療機関案内 など
(*1)発病の認定は医師の診断によります。
(*2)詳細はこちらをご覧ください: https://res.klook.com/image/upload/COVID19Insurancev2_kadr5i.pdf
保険料:当社が保険料を負担する形でKLOOKの「コロナお守りパック」対象商品に付保されますので、商品価格は据え置きとなります。

※補償内容は3月10日(水)時点のものであり、保険詳細は予告なく変更になる場合があります。また、補償期間は今後の感染拡大状況を鑑み検討予定です。
※補償を受けるためには、お客様は予約後に送られる予約確認メールの中の申請フォームから、氏名と予約番号をご連絡いただく必要があります。

商品購入の際にコロナお守りパックの確認欄(画像左)をチェックいただき、予約後の確認メール(画像右)にある申請フォームから氏名と予約番号をご連絡いただきます。商品購入の際にコロナお守りパックの確認欄(画像左)をチェックいただき、予約後の確認メール(画像右)にある申請フォームから氏名と予約番号をご連絡いただきます。

【KLOOKのコロナ禍におけるこれまでの取り組み】
2020年に国内旅行・レジャー市場に参入した当社は、ツアー・アクティビティ、遊園地・テーマパーク・動物園・水族館などのレジャー施設入場チケット、電車・バス・フェリーなどのチケットやレンタカーなどの交通サービス商品をワンストップで提供するオンライン予約サービス「KLOOK」を運営し、米欧中や東南アジアと比較して遅れているとされる日本の旅行・観光業界のデジタル化に貢献してきました。2020年12月には日本の人気トップ100のレジャー施設チケット品揃えNo.1(*3)を達成、2021年1月には販売手数料無料で当社の電子チケット販売システムを事業者に提供する「KLOOK観光DXプラン2021」をリリースし、コロナ禍において苦境にある業界の回復を、独自技術とデジタルマーケティングでサポートしています。
KLOOKで事前予約、キャッシュレス決済、スマホでEチケット提示で直接入場(*4)することは、お客様の入場時の混雑回避や接触機会削減につながります。事前予約受付を推進することは、事業者が入場者数の制限管理をしやすくなるというメリットもあります。
また、各パートナー事業者と協力し、事業者が実施する感染防止対策を紹介するWebページの公開や商品ページでの案内などを通じて、感染防止対策をオンラインで伝えてまいりました。

【「コロナお守りパック」導入の背景】
当社の国内旅行・体験商品への東京海上日動火災保険「コロナお守りパック」付保は、上述の感染防止対策と啓発に加え、万が一の際の補償を提供することでお客様により安心して楽しんでいただけるよう意図したものです。テーマパークや動物園などの単品のレジャー施設チケットを対象としたコロナお守りパック付保は、業界でも珍しい取り組みです。
ワクチン普及に期待が高まってはいるものの、新型コロナウイルス感染症の終息まではまだまだ時間を要するとの観測が有力です。当面は感染症対策の徹底に加え、日帰りレジャーや近場でのお出かけにも万が一に備えた補償ニーズが高いと見込み、今回の導入に至りました。
当社は今後も非接触入場・キャッシュレス決済を実現するオンライン予約サービスの提供を通じて旅行・レジャー業界のDXを推進しながら、安心・安全に楽しめる新しい旅や観光のあり方を追求し、コロナ禍で苦境にある業界の回復に貢献してまいります。
(*3)  Google検索ボリューム国内トップ100のレジャー施設(遊園地・テーマパーク・動物園・水族館等)の入場チケット取り扱い施設数において。2021年3月10日時点。当社調べ。

(*4)  一部の商品はチケット引き換えが必要です。

【KLOOK(クルック)について】
2014年に設立したKLOOKは、世界をリードする旅行・レジャー予約プラットフォームです 。KLOOKでは世界中のユーザーが、いつでも、どこでも、最高の体験やサービスを見つけ、予約できるサービスを提供しています。 世界各国の人気アトラクション、ツアー、移動サービス、グルメ、特別な体験など、ウェブサイトとアプリ(Google Play&Apple App Storeが選ぶ「ベストオブイヤー」を連続受賞)からシームレスに検索・予約することが可能です。400か所以上の旅行先に10万点を超えるラインナップを取り揃え、ユーザー一人ひとりのオリジナルな旅づくりをサポートしています。KLOOKは14言語と41種類の表示通貨に対応しています
KLOOK(日本語版):https://www.klook.com/ja/
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.klook&hl=ja
iOS: https://itunes.apple.com/JP/app/klook/id961850126

【日本での実績】
当社は2017年9月に日本法人を設立し、訪日外国人観光客向けの旅行体験商品によるインバウンド事業を開始しました。JTB、小田急電鉄、JR西日本、JR九州ほか多数のパートナーと提携し、180か国以上に広がるKLOOKユーザーに日本の魅力をアピールしています。2019年4月には日本語版サービスをリリースし、日本人向け海外旅行商品を提供開始。2020年6月に国内の旅行・レジャー商品をリリースし、インバウンド・アウトバウンド双方で培った商品ラインナップや強みのテクノロジーを生かして、日本人の国内旅行市場も強化しています。

【Klook Travel Technology Limited 会社概要】
社名:  Klook Travel Technology Limited(クルック・トラベル・テクノロジー・リミテッド)
本社:  香港 (22/F, Kinwick Centre, 32 Hollywood Road, Central, Hong Kong)
代表者:  共同創業者兼CEO, 林照圍(英語名:イーサン・リン)
設立:   2014年9月
資本金:   約747億円(7.2億米ドル)
事業内容: 旅先体験予約サイト(世界各国のアクティビティとサービスに特化した旅行予約プラットフォーム)「KLOOK」の開発および運営
URL:   https://www.klook.com/

【Klook Travel Technology合同会社 会社概要】
社名 :  Klook Travel Technology合同会社
日本本社 :  東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F WeWork
設立:   2017年9月
資本金 :  2,500万円
事業内容:  旅先体験予約サイト(世界各国のアクティビティとサービスに特化した旅行予約プラットフォーム)「KLOOK」の開発および運営
URL:  https://www.klook.com/ja/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KLOOK(クルック) >
  3. 業界初*、KLOOKが「コロナお守りパック」付テーマパークチケット発売