AIベンチャーのエクサウィザーズ、自治体の介護関連データを用いた要介護度予測AIを開発

〜本開発事業が「神奈川ME-BYOリビングラボ」に採択〜

株式会社エクサウィザーズ(東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下エクサウィザーズ)は、自治体における介護関連データを対象とした「要介護度予測AI」の開発事業を開始し、「神奈川 ME-BYOリビングラボ」の実証事業に採択されました。
本実証事業では、神奈川県と連携することで、県下の特定の市町村の協力を得て、「科学的根拠に基づく介護の実現のための評価基盤構築」に取り組みます。具体的には、AI による個人レベルでの要介護度予測モデルを開発するとともに、市町村における効果的な介護施策立案に向け、要介護者の重症化要因の解析や要介護度別の特徴抽出を行っていきます。

神奈川ME-BYOリビングラボについて
神奈川県では、超高齢社会を乗り越えるために、未病コンセプトに基づき県民の意識・行動変容と未病産業の持続的発展を促し、健康寿命の延伸を図るヘルスケア・ニューフロンティア政策を推進しています。「神奈川ME-BYOリビングラボ」は、県民がより安心して未病改善の実践に取り組めるよう、地域や職域における健康課題の解決や新たな社会システムの構築に資する未病関連商品・サービスの事業化、産業化及び社会実装を促進します。神奈川県が、県内市町村やCHO構想(健康経営)を実践する企業、アカデミア等と連携し、商品・サービスの機能・効果等を検証する実証フィールドを提供するとともに、その実証結果の評価を行います。

要介護度予測AI開発背景
少子高齢化の進展に伴い、2025年には認知症患者が約700万人に及ぶとされており、介護費の増大による社会保障費の適正化や将来を見据えた社会システムの構築など複雑な課題に対処していく必要があります。一方で、介護に関する実態・課題の把握や介入手法の費用対効果の検証を定量的に行うことが難しいため、介護に関するデータの蓄積やエビデンスの確立が十分に進んでいないのが現状です。
また、各要介護者の状態は様々な要因によって経時的に変化してしまうため、介入による効果をその他の要因から適切に切り分けて検証することは容易でないことも実態を把握できない要因となっています。

実証事業の概要
本実証事業では、自治体が保有する介護関連データに対して、エクサウィザーズが持つAI技術を活用し、個人レベルでの要介護度の将来予測を実施します。この将来予測においては、要介護者の時系列的な状態推移と介入方法による本来的な効果を切り分けるため、「このまま状態推移すると将来どのように変化するか」という将来状態の予測値を基準として、介入の有無による予測値と実績値の差分を検証してまいります。
また、特定のセグメント(要介護度別など)における対象者の属性や自立度、行動特性等の特徴を定量的に把握します。これらの取り組みによって、将来的には各介入施策の効果検証および費用対効果の高い介護施策の効率的な立案に貢献します。
 


実証事業内容:自治体の介護関連データを対象とした要介護度予測AIの開発
AIモデル構築のために活用するデータ:介護判定データ、介護レセプト

実施手順:
  1. 自治体より提供を受けたデータ(※1)を用いて、AIモデルを構築し、個人レベルの要介護度・介護費を予測します
  2.  過年度のデータ等にAIモデルを適用し、AIモデルの予測精度を検証します
  3. 要介護度別のセグメント情報を分析することで、要介護者の重症化要因の解析や、対象者の属性や自立度、行動特性等の特徴を抽出します
本実証事業における取り組みは、すでに採択を受けている「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」(※2)の取り組みにも寄与するものと捉えており、これまで十分に解明できていなかった介護に関するエビデンスを明らかにすることで、科学的根拠に基づく介護の実現のための評価基盤を作ることを目指してまいります。

※1)本実証事業において自治体より提供されるデータは、すべて個人が特定されない非識別加工情報となります。
※2)内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」の「介護支援技術」分野において、“認知症の本人と家族の視点を重視する”マルチモーダルなヒューマン・インタラクション技術による自立共生支援AI の研究開発と社会実装テーマで採択されております。

【株式会社エクサウィザーズの概要】
会社名: 株式会社エクサウィザーズ
所在地: 東京都港区浜松町1-6-15 VORT浜松町I 3F
設立:2016年2月
代表者: 代表取締役社長 石山 洸
事業内容: AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決。Care・MedTech領域において、医療・介護・医薬品領域における現場課題をAIの利活用により解決するサービスを提供。
URL: https://exawizards.com/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクサウィザーズ >
  3. AIベンチャーのエクサウィザーズ、自治体の介護関連データを用いた要介護度予測AIを開発