Co-LABO MAKER、滋賀医科大学発ベンチャーバイオジップコードの研究リソースを公開

ライフサイエンス領域における学術指導・研究実験委託の拡充へ

研究リソースシェアリングプラットフォームを運営する株式会社Co-LABO MAKER(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長:古谷優貴 以下、当社)は、滋賀医科大学発ベンチャーの株式会社バイオジップコード(本社:滋賀県大津市 代表取締役:髙﨑正年 以下、バイオジップコード)の研究リソースを公開したことをお知らせいたします。非臨床試験の受託や受託研究、学術指導がラインナップに入り医学研究におけるノウハウの提供が可能となります。今後は創薬はじめライフサイエンス領域への研究開発にもリソース提供を拡充して参りたいと思います。


■本連携のねらい

コラボメーカーでは、化学・バイオ領域を中心としてサービスの提供を行っておりましたが、外部化による研究開発の加速が強く求められている医療領域・ライフサイエンス領域へのサービス拡充を図っております。現在医療・ライフサイエンスにおける研究開発は年々難易度が上昇し、外部とのコラボレーションによる加速化・効率化が大きなボトルネックになっております。コラボメーカーは医学領域における大学やスタートアップ企業との連携をより一層強めてまいりました。この度、兼ねてより連携を重ねていた滋賀医科大学発スタートアップであるバイオジップコードの研究リソースを公開し、ライフサイエンス業界における提供可能メニューの拡充を行います。
滋賀医科大学との取り組みについて:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000031371.html

■本連携により追加される提供内容

非臨床試験や受託研究、学術指導が提供されます。

【研究立案】
・再生医療研究の立案やアドバイス(第一種、第二種、第三種)
https://co-labo-maker.com/equipment/4824?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes

・ヒト臨床試験の立案とアドバイス
https://co-labo-maker.com/equipment/4827?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes

・遺伝子治療を主とした動物実験方法の立案やアドバイス
https://co-labo-maker.com/equipment/4830?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes

【技術指導】
・再生医療の技術指導(第一種、第二種、第三種)
https://co-labo-maker.com/equipment/4825?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes

・ヒト組織サンプルの作成方法
https://co-labo-maker.com/equipment/4828?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes

・動物からの臓器標本の作成方法
https://co-labo-maker.com/equipment/4831?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes

【受託研究】
・動物実験の実施(マウス、ラット、ゼブラフィッシュ)
https://co-labo-maker.com/equipment/4832?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes


■バイオジップコードについて

株式会社バイオジップコードは、滋賀医科大学に設置した再生医療開拓講座(共同研究講座)の特別教授である小島秀人氏が発見した、糖尿病が治らない原因となっている異常な幹細胞をターゲット(標的)とする、糖尿病の新たな診断薬の開発や糖尿病を完治させる画期的な医薬品等の開発を進めています。
一方、小島特別教授が再生医療を中心として、幹細胞に関する長年の研究により集積してきた独自の技術やノウハウを有しており、医薬品や健康食品メーカー、研究機関などを対象に、アドバイザリー業務(学術・技術指導など)も受託することが可能です。
株式会社バイオジップコードは、今後の事業推進のために、連携先、資金調達先、共同研究先を幅広く探しておりますので、宜しくお願いいたします。


■ Co-LABO MAKER について

Co-LABO MAKER(コラボメーカー)は、機動的な研究開発を可能にする研究リソースシェアリングプラットフォームです。利用者は、自社に設備や技術がなくても、早く安く外部の研究開発リソース(ラボ・設備・人材)を活用し、研究開発を前に進めることができます。提供者は、既に保有している設備や人材・技術を活用して、資金獲得・連携先獲得・研究成果獲得の機会を得られます。
 



■ バイオジップコードの概要

社 名: 株式会社バイオジップコード
代表者: 代表取締役 髙﨑正年
事業 : 糖尿病治療薬などの医薬品の研究開発並びに製造販売
所在地: 滋賀県大津市月輪町 滋賀医科大学バイオメディカル・イノベーション施設
設 立: 2022年1月
資本金: 1,000万円
HP      : https://biozipcode.com/ 


■ Co-LABO MAKERの概要

社 名: 株式会社Co-LABO MAKER
代表者: 代表取締役 古谷優貴
事業 : 研究リソースシェアリングプラットフォーム「Co-LABO MAKER」の開発・運営
所在地: 宮城県仙台市青葉区国分町1丁目4−9 enspace
設 立: 2017年4月7日
資本金: 62,687,691円(資本準備金含む)
HP      : https://co-labo-maker.com?utm_campaign=PR&utm_source=prtimes
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Co-LABO MAKER >
  3. Co-LABO MAKER、滋賀医科大学発ベンチャーバイオジップコードの研究リソースを公開