2020年必修化に向け注目が集まるプログラミング!グローバルキャストの教育事業ブランド「G-VaLEd」主催「第13回 子どもみらいグランプリ2019」参加者一般公募開始!

昨年は1500人がエントリー!「伝える」をテーマにしたプログラミング・ロボットプログラミング・CGイラストを募集 ― 参加応募期間: 2019年5月1日(水)~6月3日(月)まで ―

 株式会社グローバルキャスト(所在地:愛知県名古屋市中村区、代表取締役 川口 英幸)は、教育事業ブランド「G-VaLEd」(ジーバレッド)主催、名古屋市教育委員会後援にて、小学生・中学生向けのプログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2019」を開催いたします。2019年5月1日(水)~6月3日(月)にご応募いただいた中で、事前審査で選ばれた各部門上位の子どもたちが、7月15日(月)に愛知県名古屋市(ナディアパーク3F/デザインホール)で開催される全国大会に出場します。
 2020年の小学校教育での必修化を受け、プログラミング教育への関心は年々高まっています。弊社は、教育サービスブランド「G-VaLEd」にて、子どもの将来の選択肢を拡げるグローバルな教育のための様々なサービスを提供してきました。子供向けICT教育に24年にわたって携わり、現在は、プレゼンテーションスキル教育・プログラミング教育をワンストップで提供する教室を全国に展開、コンテンツの開発を行っております。その実績が認められ、2018年には、名古屋市教育委員会の「学力向上サポート事業」の委託を受け、名古屋市立天白小学校にてプログラミング授業のサポートや導者への教育研修などを行いました。また、プログラミングに関わる親子や、先生に向けたメディア「バレッドプレス」は、始動から4ヶ月で月間読者数10万人を突破しております。
 「子どもみらいグランプリ」は、2007年から始まって今年で13回目の開催となり、参加者は年々増加しています。昨年は、宮城県から沖縄県まで、各地から1500人が参加し、述べ2万人となりました。本大会は、プログラミングを通して子どもたちのITリテラシーや論理的思考力、創造力を育み、「子どもたちの可能性を最大化する」その一助となることを目的としています。
 


■イベント開催により期待する効果
・子供のICTリテラシー向上
・子供の論理的思考、創造力、表現力の向上
・子供のプレゼンテーション能力の向上


■審査員は子どもICT教育のスペシャリスト!
・藤井創氏
 -親子の好奇心を応援するメディア「VALED PRESS(バレッド)」編集長
・大澤文考氏
 -たのしいプログラミング!マイクラキッズのための超入門(学研)著者
・公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS) など
 
  • 大会構成

 
  • 一般公募部門紹介
■CG-ARTS部門
テーマ「伝える」に沿ったイラストを作成

CG-ARTS部門は、今年のテーマ「伝える」に沿ったイラストをペイント、Office(Word/Excel/PowerPoint)各バージョンで作成していただく部門です。 1992年に設立された公益財団法人CG-ARTS協会(シージーアーツ協会)様に色の使い方や構図や立体感など、CGの観点で優れているかに配慮して作品を選考、最終審査します。

■プログラミング部門
子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用

プログラミング部門は今年のテーマ「伝える」に沿って、 MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用してプログラミング作品を作成いただく部門です。
優秀者には後援いただいております、名古屋市教育委員会様より名古屋市教育委員会賞が贈られます。

■ロボットプログラミング部門
「スタディーノ」を使用したロボットプログラミング

ロボットプログラミング部門は今年の「伝える」というテーマで「日本のおもてなしが感じられる」ロボットをオリジナルで作成いただく部門です。ロボットプログラミングは 「スタディーノ」を使用し、作成したロボットは2分動画(ロボットが動いている動画と一緒に作成者の声で説明を入れる)をYouTubeにアップしていただきます。優秀者には後援いただいております、名古屋市教育委員会様より名古屋市教育委員会賞が贈られます。
 
  • 応募要項
【募集内容】
■大会テーマ:伝える
テーマに沿ったイラスト作成、プログラミング、ロボットプログラミング表現
※構成、制作共にオリジナル作品であること。
※同一部門の複数応募は不可

■部門
CG-ARTS部門 /プログラミング部門/ロボットプログラミング部門

【入賞】
各部門小学生3名、中学生3名(最優秀/優秀/第3位)
CG-ARTS部門【CG-ARTS 賞】
プログラミング部門、ロボットプログラミング部門【名古屋市教育委員会賞】

【応募期間】
2019年5月1日(水)~2019年6月3日(月)まで

【応募作品形式】
サイト一般公募の各部門説明にてご案内(https://www.aviva-kids.com/mirai-grandprix2019/

【応募方法】
2019年5月1日(水)にご案内いたします、エントリーフォームからのご応募
※郵送でのご応募は受け付けておりません。
※記載内容に不備があった場合、審査対象外とさせて頂く場合が御座いますので、正確にご登録をお願いします。

【応募資格】
小学生、中学生の方ならどなたでも参加可能
(2019年4月1日時点で小学校、中学校に在籍している方)
・同一部門の複数応募は不可(参加部門の制限なし)
・インターネット、電子メールを使用して文書のやりとりを行える方。
・個別応募(団体での応募は受付不可)
・応募フォームで個人情報の取り扱い、一般公募における応募要項に同意いただいた方
※なお、お送りいただいた作品は返却いたしませんのでご了承ください。

【受賞者へのお知らせ】
2019年6月27日(木)入賞者の方にはメールにてお知らせいたします。
また、同時にアビバキッズ公式サイト<お知らせ>にも結果をアップ  http://www.aviva-kids.com/

【著作権について】
応募作品(入賞,落選いずれの作品も含む。)の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む)及び使用権は主催者に帰属します。

【主催】
株式会社グローバルキャスト
 
  • 【グローバルキャストについて】
グローバルキャストはクライアント(企業)とマーケット(市場)を繋ぎ、マーケットへ、より豊かな暮らしを届け続ける「コンシェルジュテクノロジーカンパニー」です。みなさまの暮らしにテクノロジーを活用しながら豊かにする、コンシェルジュのような存在を目指します。
 
  • 【会社概要】
会社名 : 株式会社 グローバルキャスト
代表者 : 代表取締役 川口英幸
設立  : 2008年2月20日
資本金 : 88,675,000円
事業内容: 業種特化型 BPO サービス事業
       ├ダイレクトマーケティング
       ├コンタクトセンターソリューション
       ├多言語コミュニケーション
       └デジタルマーケティング
     教育・人財開発事業
所在地 : 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート 14F
URL  : http://global-cast.jp/


【読者、一般のお客様からのお問い合わせ】
子どもみらいグランプリ運営委員 担当:可児
TEL:052-265-9282
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルキャスト >
  3. 2020年必修化に向け注目が集まるプログラミング!グローバルキャストの教育事業ブランド「G-VaLEd」主催「第13回 子どもみらいグランプリ2019」参加者一般公募開始!