「ザ・フィンランドデザイン展ー自然が宿るライフスタイル」Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて12/7(火)いよいよ開幕!

心を包むフォルムの秘密とは?フィンランドの美しい自然から生まれたデザインのあゆみを一望できる展覧会

フィンランドの美しい大自然からインスピレーションを得て生まれたフィンランドデザイン。ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸の他、陶磁器や家具など1930年から70年代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画などもあわせて展示する本展では、約250 点の作品と約80点の関係資料で、時代を超えて愛される名品が生み出されたフィンランドデザインの歩みをご紹介します。
■スペシャル音声コンテンツ
本展では、ご入館前にお客様ご自身のスマートフォンに音声ガイドアプリ「33Tab/ミミタブ」をダウンロードいただき、会場内の作品を鑑賞しながらご利用いただける「スペシャル音声コンテンツ」をご用意しました。
従来の音声ガイドとは一味違い、本展ナビゲーターを務めるminä perhonen(ミナ ペルホネン)デザイナーの皆川明さんがこの展覧会を通してフィンランドデザインに馳せた想いをエッセイで綴り、J-WAVEのナビゲーター・クリス智子さんが朗読。皆川さんとクリス智子さんが本展について対談したボーナストラックも収録しています。
本コンテンツは、展覧会期間中に限り、「33Tab」アプリにてご視聴可能ですので、ご鑑賞の予習・復習にもご活用ください。(購入後に限り利用可。インターネットへの接続が必要。)

左:皆川明さん  右:クリス智子さん左:皆川明さん  右:クリス智子さん

<提供価格>370円(税込)

※本コンテンツをご利用いただくには、ご来館時にお客様ご自身のスマートフォンとイヤホンをご持参いただく必要がございます。会場での貸し出しは行っておりませんので、予めご了承ください。

<皆川明さん コメント>
フィンランドのデザインの歴史が見られるこの展覧会は見応えがあり、その時代性とデザイナーごとのオリジナリティーの両方が見られる事が素晴らしいと思います。同時代のクリエイター達が同時発生的にものづくりをしながらお互いに影響し合う、いい環境だったのだと感じました。みんなそれぞれを認め合いながらも、スタイルが違い、そして、自分たちの方法論を貫いている。とても良い意味で影響しあえる環境があったのでしょう。この展覧会を見ていただきながら、自然に呼吸するようにその時代のことを感じたり、フィンランドデザインが暮らしと密着している、ということを感じたりしていただければと思います。

 <展覧会ナビゲーター/音声コンテンツ エッセイ執筆> 皆川 明
デザイナー。1995年にブランドminä perhonen(2003年まではminä)設立。手作業で描かれた図案から作るオリジナルファブリックによるファッション、インテリア等で注目を集める。ストーリー性のあるデザインと、産地ごとの作り手の個性を活かした、長く愛用されるものづくりを目指す姿勢はブランド設立時から一貫している。個人の活動として、国内外の様々なブランドとデザインを通じての協業を精力的に続ける他、新聞や書籍への挿画、宿のディレクションなど活動は多岐にわたる。

<音声コンテンツ 朗読> クリス智子
ハワイ生まれ。幼少期に京都、フィラデルフィア、横浜など、日本とアメリカの各地の文化を色濃く感じる環境で育つ。1994年から3年間J-WAVEでリクエスト番組「J'S CALLING」のナビゲーターを務めたのが、この仕事を始めるきっかけに。現在、ラジオの他、TVナレーション、雑誌執筆など、各方面で活動中。J-WAVEでは現在月曜日~木曜日「GOOD NEIGHBORS」を担当。
\Bunkamuraスペシャル/ 缶バッジプレゼント
本音声コンテンツをご購入の上、ご入館の方に、本展ナビゲーター皆川明さんが描いた図案のminä perhonenの缶バッジをプレゼントいたします。
※入館時の提示のみが対象です。(入館後にダウンロードされた場合や入館後の画面提示はプレゼント対象外となりますのでご注意ください。)
※ご入館時にザ・ミュージアム入口(チケットもぎり入口)でダウンロード済みのアプリ画面をご提示ください。
※お一人様1回限り有効。
※缶バッジの柄は選べません。また、交換はできかねます。
※本プレゼントはなくなり次第終了となります。予めご了承ください。
※状況により、実施内容を変更させていただく場合がございます。

===================================================

【ご鑑賞の前後もBunkamuraで北欧気分を満喫♪】

本展会期中にBunkamura 館内でお楽しみいただけるコラボレーション企画も続々決定!
  • 『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』@6F ル・シネマ

本展会期中に『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』を限定上映。主題歌はアイスランドの歌姫ビョーク、そして“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンら豪華声優陣集結!原作者トーベ・ヤンソンが自ら監修し、78年から82年にポーランドで製作されたTVシリーズを、カラー修正・再編集し、美しい長編映画としてよみがえらせた作品です。
2010年/フィンランド・ポーランド・オーストリア/英語/75分/字幕版 配給:Child Film + kinologue
料金:1,300円均一 ★本展半券提示で1,100円 ※特別興行につき各種割引、サービスデーは対象外
※上映スケジュールは決定次第BunkamuraHPにてお知らせいたします。
  • 【Bunkamura特別企画】ドゥマゴサロン 第20回文学カフェ『自然、デザイン、サウナ…フィンランドに学ぶ幸福のヒント』
Bunkamuraドゥマゴ文学賞がおおくりする『ドゥマゴサロン 文学カフェ』。20回目となる今回は、エッセイストの平松洋子さんと、フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダーで、日本におけるサウナがたどった歴史をまとめた『日本サウナ史』を9月に上梓した草彅洋平さんのお二人にご登壇いただき、豊かな自然、美しいデザイン、そしてサウナと、様々な視点からフィンランドの生活を通じて幸せに暮らすヒントを語り合っていただきます。
【日時】2021年12月13日(月)18:30開演(18:00受付開始)
【登壇者】平松洋子、草彅洋平
【会場】Bunkamuraオーチャードホール ビュッフェ
◎本イベントは会場にてご観覧いただくチケットと、ライブ配信(アーカイブ視聴付)チケットの二種販売。
詳細はこちらhttps://www.bunkamura.co.jp/bungaku/topics/5468.html

B1Fのドゥ マゴ パリ、1Fロビーラウンジでは、本展会期中限定でお楽しみいただけるタイアップメニューが登場。ロビーラウンジでは、一部エリアで北欧ブランドの家具を設置した北欧カフェ展開を予定しています。また、B1Fナディッフモダンでは、北欧雑貨や書籍のフェアも開催。詳細は追ってBunkamura HPにてお伝えします。
===================================================【展覧会開催概要】        
「ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル」
会期:2021年12⽉7⽇(火)〜2022年1⽉30⽇(⽇) ※1月1日(土・祝)のみ休館
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急百貨店本店横)
開館時間:10:00~18:00  毎週⾦・⼟曜⽇は21:00まで(⼊館は各閉館時刻の30分前まで)
※状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性がございます。
会期中の全ての土日祝および最終週の1/24(月)~30(日)は【オンラインによる入場日時予約】が必要となります。詳細は本展特設ページをご確認ください。

主催:Bunkamura、産経新聞社、NHK、NHKプロモーション
特別協力:HAM ヘルシンキ市立美術館 後援:フィンランド大使館、J-WAVE  
協賛:ホンカ・ジャパン
協力:フィンエアー、フィンエアーカーゴ、フィンランドセンター  
企画協力:S2
問合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
Bunkamura HP内本展特設ページ:https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/
入館料(税込):一般 1,700円(1,500円)大学・高校生 1,000円 中学・小学生 700円
※前売券は一般のみ。
*学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
*障がい者手帳のご提示でご本人様とお付添いの方1名様は半額となります。(一般850円、大学・高校生500円、中学・小学生 350円) 当日窓口にてご購入ください。
*未就学児は入館無料。
前売券:12月6日(月)まで好評販売中
販売場所:オンラインチケット MY Bunkamura(QRチケットのみ)、Bunkamura ザ・ミュージアム、Bunkamuraチケットセンター、ローソンチケット



 
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急文化村 >
  3. 「ザ・フィンランドデザイン展ー自然が宿るライフスタイル」Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて12/7(火)いよいよ開幕!