定額制音楽配信サービス『KKBOX』 2019年間ランキング発表

〜国内で最も再生された楽曲は Official髭男dismの「Pretender」!アジア各地域ではRADWIMPSが1位を獲得!〜

KKBOX Japan合同会社(所在地:東京都渋谷区、代表:谷 和博)は、定額制音楽配信サービス「KKBOX」における各国での再生回数を集計した「2019年 年間ランキング」を発表しました。

▼2019 KKBOX Japan 年間楽曲ランキングTOP10

2019年、日本国内のKKBOXで最も再生された楽曲は、初の日本武道館公演を大成功させ、紅白歌合戦にも初出場するOfficial髭男dismの「Pretender」です。昨年のKKBOX Japan新人アーティストランキング1位だったOfficial髭男dismは、今年一気に幅広い世代から人気を得て2019KKBOX年間再生ランキング1位を獲得しました。他にも「宿命」「Yesterday」がTOP10にランクインされるなど“ヒゲダン”ムーブメントを巻き起こしました。

続く2位にはKing Gnu「白日」、3位に菅田将暉「まちがいさがし」、4位にあいみょん「ハルノヒ」と、新しい時代を感じさせるアーティストたちが上位を占めています。

また、2018年にTOP10入りしたアーティストから今年もランクインしたのは菅田将暉、ONE OK ROCK、TWICEの3組のみとランキングが大きく様変わりした1年でした。
 
▼2019 KKBOXアジア各地域で最も聴かれた日本人アーティスト

KKBOXがサービス展開する日本以外のアジア地域(台湾、香港、シンガポール、マレーシア)における邦楽アーティストの再生回数を集計したチャート「2019 KKBOX年間日本人アーティストランキング」では、アジア各地域でも公開され人気となった映画『天気の子』の主題歌を担当したRADWIMPSがアジア全地域で1位を獲得。また、あいみょん、LiSA、Aimerなど女性シンガーの人気が高く、シンガポールでは浜崎あゆみが根強い人気。

楽曲別ではLiSAの「紅蓮華」が台湾、香港、マレーシアで1位を獲得。これまでもLiSAはアジア各地域で高い人気でしたが、2018年夏から17都市22公演におよぶアジアツアーを成功させたことも、大きなブレイクにつながったと言えます。

集計対象:2018年11月1日〜2019年11月30日にリリースされた作品
集計期間:2018年12月1日〜2019年11月30日までの全再生数
※アジア発アーティストの日本語楽曲は邦楽楽曲としてカウント

▼2019  KKBOX Japan新人ランキング

邦楽アーティストの新人ランキングでは、総合ランキングでも2位にランクインしたKing Gnuが1位に輝きました。ドラマ主題歌に起用されブレイクし紅白歌合戦出場も決定しました。2位にはボーカロイドコンポーザーでもあるn-buna(ナブナ)とボーカルsuis(スイ)によるヨルシカがランクイン。詳細なプロフィールを公開せずに高い人気を得ているというのも特徴の一つです。ほかにはドラマ『あなたの番です』で田中圭が演じた主人公・手塚翔太や、ドラマ『TWO WEEKS』に主演し、自ら主題歌を歌った三浦春馬がランクインし役者の活躍も目立ちました。

集計対象:2018年11月1日以降にメジャーデビューしたアーティスト
集計期間:2018年12月1日〜2019年11月30日

各ランキングの詳細はKKBOX WebサイトとKKBOX アプリ内にて本日12月27日から公開します。対象楽曲のプレイリストも公開しますので是非ご確認ください。
URL:https://www.kkbox.com/jp/ja/column/showbiz-0-1571-1.html

KKBOXについて

【会社概要】
KKBOX Japan 合同会社
設立:2013年6月
代表:谷和博
事業内容:定額制音楽配信サービス「KKBOX」(http://www.kkbox.com/)の運営

■KKBOXとは
「KKBOX」は、日本をはじめアジア5カ国で展開する、アジアのトップデジタル音楽配信サービスです。2013年6月の日本でのサービスローンチ以降500以上のレーベルが参加し、マルチデバイスで5,000万曲以上の多彩なジャンルの楽曲を聴き放題でお楽しみ頂けます。また、4,000曲をキャッシュ(一時保存)できるので通信環境を気にすることなく楽曲再生が可能です。さらに、ユーザーから投稿された歌詞が楽曲に合わせて動く「動く歌詞」サービスもご好評いただいております。加えて、離れたユーザー同士でリアルタイムに同じ楽曲を聴きながらチャットを楽しむことができる「Listen with(一緒に聴く)」といったソーシャルコミュニケーション機能も注目されており、現在、1ヶ月無料でご利用頂けます。
KKBOXオフィシャルHP http://www.kkbox.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KKBOX JAPAN 合同会社 >
  3. 定額制音楽配信サービス『KKBOX』 2019年間ランキング発表