【参加学生募集!】震災から8年、一度はゼロになった町の“今”に寄り添うインタビュー活動。

福島第一原子力発電所から南に20㎞圏内。楢葉町は原発事故により全町民約8,000人が避難を余儀なくされました。
―それから4年半後の平成27年9月5日。避難指示が解除され、一つ、またひとつと暮らしの灯が戻り始めました。当時、楢葉町の方々は「戻る」「戻らない」など様々な選択に迫られ、心が落ち着かない日々が続きました。
そんな中、始まったのが「ならは31人の“生”の物語」制作プロジェクトです。
目に見えない、そして常に変化する「人の想い」に寄り添い、それをかたちにする、遺す。そんな活動です。

 

インタビューの様子インタビューの様子

活動開始から3年が経ち、毎年31人ずつ集めた物語が、今年で124になろうとしています。
商業施設ができた、仮設住宅を出て町に戻ってきた、新たに楢葉町に移住してきた、震災から8年が経っても変化し続ける楢葉町。未だ激動の楢葉町の見えない声に想いを馳せてみませんか。

完成イメージ(2017年度作成)完成イメージ(2017年度作成)

震災から長い年月が経ちました。それでもそこには“暮らし”があること、“想い”があること、“生”があること。それを皆さんの作品を通じて全国の方々に伝えたい。そのお手伝いをしていただける方を募集します。

完成した作品は展示会(~3月11日)で披露します完成した作品は展示会(~3月11日)で披露します


 〇こんな学生さんにおススメです
・ひとの話を聴くことや文章を書くことが好きな人
・何か新しいことを始めたい人
・東北・福島に行ってみたい人
・地方創生に興味のある人
・海外で働きたいと考える人
・メディア関係の就職を志望している人
・公務員になりたいと考えている人

〇活動詳細

・活動日程
日時:平成31年2月19日(火)~24日(日)
*集合:2月19日(火)11:00いわき駅
*解散:2月24日(日)18:00いわき駅

・場所
福島県双葉郡楢葉町、周辺市町村

・内容
楢葉町に関わる方へのインタビュー、編集作業、展示会。その他、視察・観光、町民との交流等

・募集対象
国内の短大、大学、大学院等に通う学生13名
※定員以上の応募があった際は、エントリーシートを基準に選考させていただきます。

・参加費
7,000円(現地までの交通費、宿泊費込み)
※交通経路については要相談

・申込方法
https://goo.gl/forms/FirAKAEQmF57Q2kw1
1月31日(木)23:59〆切

・その他参加にかかる費用
食事、入浴にかかる費用は各自負担とします。

・宿泊場所
みらいハウス(ボランティアの方に宿泊いただける一軒家)

 



 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ならはみらい >
  3. 【参加学生募集!】震災から8年、一度はゼロになった町の“今”に寄り添うインタビュー活動。