投資関連ITメディアも活用!投資診断協会のセミナー「マネティ」がオンラインにも対応。

 一般社団法人投資診断協会(代表理事 髙松 伸吾、以下「当協会」)は、2020年4月29日、通常はセミナー形式で開催する金融・投資の研修制度「マネティ」を、ウェブ会議システムを活用したオンラインセミナーにて開催しました。今回受講したのは「FUNDAVI(ファンダビ)」や「エフプロ」など、投資に関するインターネットメディアなどを扱う株式会社キュービック(代表取締役 世一英仁、以下「キュービック」、企業詳細は下を参照)の社員24名で、研修後に参加者に行ったアンケート結果によると、9割以上の方が研修に満足し、6割を超える方々が投資の重要性について理解が深まったと回答しました。

  オンラインセミナーの実際の画像

■「人生100年時代」これからの日本に必要な新参加型授業「マネティ」とは
 日本はかつてない高齢者社会になり、生きていくために必要なお金=資産寿命も延ばす必要があります。しかし、金融教育が体系化していない日本では諸外国と比較しても金融リテラシーが低いため、金融資産の保有比率を見ても 1 世帯当たり平均において半分以上が金利の低い現金・預貯金頼みです。だからこそ日本には正しい金融・投資教育が必要です。

  出展:日本銀行「資産循環統計」金融庁「資料」より

 「マネティ」は投資診断協会が認定する「投資診断士」を学校や企業に派遣し授業や研修を行うことで金融知識・投資知識をアップさせるサービスです。「マネティ」の特徴は、金融や投資に即した実践型のボードゲーム「リスクンテイクン」を活用したものであること、公平・中立な立場でニーズに合わせた仕様に変更可能なことなどがあげられます。
 「マネティ」研修のテーマは「資産運用・人生設計の考え方」など大きなものから「DC、iDeCO、NISA制度の概要、利用のポイント」「クレジットカードの作り方・使い方」「各種投資商品のメリット・デメリット」など詳細なものまであり、「新入社員研修・営業研修」「セカンドキャリア研修」などに活用できます。

■金融・投資のプロによるセミナーがオンラインで受講可能に
 新型コロナウイルスの影響で、学校ではオンライン授業、企業ではテレワークを実施する企業が増えています。多くの企業で新入社員研修を中止せざるを得なくなり、そのままビジネスの現場に出すという選択をしているところもあります。この状況を踏まえ、当協会では少しでも金融リテラシーの向上を目指し、マネティのオンライン受講を可能にしました。
「マネティ」講座は
 1.金融リテラシーとは
 2.日本人の現状
 3.人生設計とは
 4.人生100年を豊かに
というテーマで行う資産形成に関する研修です。
ボードゲーム「リスクンテイクン」についてはこちら→
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000038156.html

■オンラインセミナーならではのメリットで参加者が楽しめる工夫が満載
 オンラインでのセミナーとなると、参加者が聞くだけになってしまい退屈になってしまうことや、講師から参加者が見えないため、参加者はどうしても受け身な形になってしまいがちです。
 そういったデメリットを、講師と参加者が対話をする形を取ることで防ぎ、また参加者からコメントにて質問できる体制をとるなどオンラインならではのメリットで補っています。特にキュービックでは自社社員のことをよく知る方にホストになってもらうことで、講師からの質問に対する回答者の選定などを円滑に行っています。オンラインセミナー時の実際の映像も一部抜粋しているのでご覧ください。

 


  オンラインセミナー映像抜粋


■セミナーアンケートの結果は大満足。最初から参加したかったという感想も。
 研修後のアンケート結果では、9割を超える人が、「楽しかった」「参加して良かった」「セミナーを受ける前に比べて投資に興味が沸いた」と回答しています。
 中でもアンケートに回答した5割の方が投資未経験でしたが、そのほとんどの方が投資に興味が沸いたという回答でした。この結果も踏まえ、今後も日本に正しい投資の考え方を根付かせるために、当協会は正しい投資や金融知識の啓蒙活動を行っていきます。

【アンケート結果】

■学校・企業・各種団体からのお申込み受付中!「マネティ」に興味のある方、まずはお問合せを。
下記お問合せ先にご連絡ください。研修内容等々ご説明致します。
【お問合せ先】
 info@toushishindan.com
 Tel:03-6447-4104(平日10:00~18:00)

■「マネティ」開催料金
学校:無料
企業・団体:1開催あたり50.000円(税別)

■投資診断士とは?
 投資を検討している方、投資を検討しているが踏み出すのが怖い方、投資で後悔したくない方、そういった方々に投資について啓蒙していくための資格です。近年では、NISAやiDeCoといった投資にまつわる制度や、暗号資産(仮想通貨)などの新しい投資手法も生まれてきているため、そうした新しいトピックについてもカバーしております。また情報技術(IT)を活用した投資手法も増加していることから、現代の投資を理解するのに重要なIT情報リテラシーも研修に盛り込んでいます。

詳しくはこちら→ https://entry-ida.com/

〇投資診断士資格の主な対象者
・保険募集人・銀行員・証券外務員・税理士・ファイナンシャルプランナー
・不動産投資物件販売従事者・不動産コンサルティング・金融コンサルティング
等、投資性商品を扱う業種・職種、金融商品を扱う業種や職種の方々、
家計を管理する主婦の方、金融業界へ就職を考えている就活生など
 
〇主な研修項目
・投資診断協会 基本理念
・投資に関する基礎知識
・投資商品について(株式、債券、投資信託、生命保険、不動産投資、FX、派生商品(デリバティブ)、代表的な貯蓄型投資商品、現物投資、暗号資産(仮想通貨)など)
・制度投資(確定拠出年金、NISAなど)
・ポートフォリオの考え方
・投資診断士Ⓡとは何か

■投資診断士、資格試験はどうなる!?
下記URLからお申込頂けます。
詳しくはこちら→https://entry-ida.com/

■投資診断協会は無料の金融リテラシー講座も開催
 投資診断協会は「日本に正しい投資の知識を根付かせたい」という思いを持った投資のプロたちが集まった集団です。コロナショックとも言えるこの状況も、投資のプロにとってはチャンスだと言う人もいます。
そのプロたちがコロナウイルスの乗り切る方法や今だからできる投資や家計の見直しを金融リテラシー講座としてお送りします。
 「この時期になぜ投資なんだ」「生活していくのが精一杯なんだから投資なんかできない」と思う方も、理事たちの日本の経済とあなたの投資を思う気持ちを感じてみてもらいたいです。

投資診断協会による金融リテラシー講座はこちらから
https://toushishindan.com/literacyvideo.php

■株式会社キュービックとは
 キュービックは「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングでみんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションに、ヒトのココロを動かすインターネットメディア事業を行っています。フィールドワーク重視のマーケティングが特長です。表面的なニーズではなくインサイト(深層心理)を的確に捉え、人々をよりスムーズな課題解決体験へと導いています。

・FUNDAVI(https://fundavi.jp/
 投資を始める初心者の方の未来の資産(FUND)をナビゲート(NAVI)するメディア。投資の知識・情報を発信し、自分のお金にもっと向き合って、本当に自分が納得できる「お金リテラシー」を身につけてもらうことを目指しています。

・エフプロ(https://www.fx-cube.jp/
 FX会社の比較メディア。「FXってどうやって始めるの?」「自分に合ったFX会社やトレードスタイルって何?」といった初心者の疑問や不安に対して分かりやすく解説し、最適なFXライフの実現をサポートしています。

◆お問い合わせ先◆
一般社団法人 投資診断協会
E-mail:info@toushishindan.com
TEL:03-6447-4104(平日10:00~18:00)
担当:事務局

◆IDA 一般社団法人投資診断協会◆
https://toushishindan.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 投資診断協会 >
  3. 投資関連ITメディアも活用!投資診断協会のセミナー「マネティ」がオンラインにも対応。