「副業先への転職を視野に入れている」人は全体の約4割。副業で関わる中で企業の魅力を感じ、転職を検討し始める傾向 | 副業に関する実態調査〜副業先への転職について〜

副業・転職のキャリアSNS「YOUTRUST(ユートラスト)」を運営する株式会社YOUTRUST(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩崎由夏)は、YOUTRUSTユーザーを対象に「副業に関する実態調査」を行いました。そのうち副業経験者の「副業先の企業への転職意欲」に関する結果を報告させていただきます。

【調査サマリー】

  • 「今の副業先に転職する可能性がある」または「既に副業先の企業へ転職した」人は全体の約4割
  • 副業先の企業を選んだ理由として「転職を見据えて」と回答した人は全体のわずか2%


【調査結果】

  • 「今の副業先に転職する可能性がある」または「既に副業先の企業へ転職した」人は全体の約4割

副業経験者のうち、「今後機会があれば、副業先の企業に転職することも視野に入れていますか?」という質問に対して「はい」と回答した人は全体の35.3%を占め、「既に副業先の企業に転職した」と回答した人も2%を占めた。二つの回答を足し合わせると37.3%と約4割にのぼり、副業経験者の多くが副業先への転職を視野に入れていることが分かった。

【ユーザーの生声】
・元々魅力を感じていて、副業で働いてみてやはり業務内容や組織のカルチャーが気に入ったから。(30代デザイナー)
・ゼロから関係性を作らなくて良いため。(20代エンジニア)
・通常の採用面接よりズレが少ないため。(30代企画マーケティング)
・いきなり転職するより安心感がある。(20代デザイナー)
 

  • 副業先の企業を選んだ理由として「転職を見据えて」と回答した人は全体のわずか2%
今の副業先を選んだ理由としては、「自分のスキルを活かせると思ったから」が56.9%、次いで「自分のスキルアップにつながると思ったから」が49.7%と、自分のスキル面を重視している回答が多く見られた。
一方で「その会社に転職したいと思っていたから」と答えた人は2%と少なく、現在「副業先の企業に転職する可能性がある」と考えている人の多くは、実際に副業を始めてからその企業への転職も検討するようになったことが伺える。


【考察】
今回の調査で「副業先の企業への転職を視野に入れている」と回答した人が全体の約4割に及ぶというのはYOUTRUSTとしても予想以上に多い結果であった。副業を実際に経験することでその企業への転職を検討し始める人が多いことから、最初に副業で参加してもらうというのは企業にとって有効な採用方法の一つになってきていると考えられる。
一方で、本業先の企業からすると、社員とより密なコミュニケーションをとり、働き続けたいと思わせる施策を講じる必要が出てきたとも言えるだろう。「人材採用」「社員の離職防止・エンゲージメント向上」「人材育成」など副業導入による本業先への効果*も、幅広くかつポジティブに出ている。副業が企業・社員に与える影響を考慮した制度設計が検討され、各社の副業容認・受け入れが進んでいくことを期待したい。

※ 本リリース内容を掲載いただく際には、出典「YOUTRUST調べ」と明記をお願いいたします。
※ 本リリースに関して、代表取締役 岩崎への取材、ユーザー直接取材の対応が可能です。記載ある連絡先まで、お問い合わせください。


【参考:YOUTRUSTについて】
副業・転職のキャリアSNS「YOUTRUST」について(https://youtrust.jp/lp

YOUTRUSTは、友達もしくは「友達の友達」までという信頼できるコミュニティの中で、副業・転職をしたい人と企業がつながることができるキャリアSNSです。「永く、あなたのキャリアに寄り添うSNS」として、中長期的なキャリアの糧となるネットワークや仕事情報、副業を通した転職の機会を生み出しています。

【調査概要】
調査の方法:WEBアンケート方式
調査の対象:副業・転職のキャリアSNS「YOUTRUST」ユーザー
有効回答数:235
調査実施日:2020年9月23日〜10月2日
調査主体:株式会社YOUTRUST
*株式会社リクルートキャリア 兼業・副業に対する企業の意識調査(2019)を参照
https://www.recruitcareer.co.jp/news/20200324fk7so.pdf
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社YOUTRUST >
  3. 「副業先への転職を視野に入れている」人は全体の約4割。副業で関わる中で企業の魅力を感じ、転職を検討し始める傾向 | 副業に関する実態調査〜副業先への転職について〜