シンガポール航空、2020年12月1日から2021年1月3日までの期間限定で大阪-シンガポール路線にA380-800を投入

シンガポール航空日本支社(東京都千代田区、日本支社長ウォン・テックフイ)は、2020年12月1日から2021年1月3日の期間中、大阪(関空)-シンガポール路線にて毎日運航する3便のうち1便を、ボーイング787-10型機からエアバスA380-800型機(以下、A380)に切り替えて運航します。

スイート(12 席)スイート(12 席)

ビジネスクラス(86 席)ビジネスクラス(86 席)

プレミアムエコノミークラス(36 席)プレミアムエコノミークラス(36 席)

エコノミークラス(245 席)エコノミークラス(245 席)

シンガポール航空は、2020年の年末から2021年の年始にかけての33日間、SQ619便(大阪-シンガポール)とSQ618便(シンガポール-大阪)限定で、予測される旅客需要増に応えるため、エアバスA380の投入を決定しました。A380は、スイート12席、ビジネスクラス86席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス245席の合計379席で構成されており、この投入により期間中さらに3,000席近くの座席を提供することになります。

2020年12月1日~2021年1月3日の運航スケジュール (記載時刻はすべて現地時刻)
大阪(関空)-シンガポール

関係当局の認可を前提とします。*クラス: F: スイート、 J: ビジネスクラス、 S: プレミアムエコノミークラス、 Y:エコノミークラス

シンガポール-大阪(関空)

関係当局の認可を前提とします。*クラス: F: スイート、 J: ビジネスクラス、 S: プレミアムエコノミークラス、 Y:エコノミークラス

シンガポール航空について
シンガポール航空は127機の最新鋭旅客機と7機の貨物機を保有し、シルクエアーおよびスクートを含め、東京(羽田・成田)、大阪、名古屋、福岡、広島など、世界37の国と地域の137都市を結ぶ充実したネットワークを有しています。シンガポール航空は、そのブランドの果たすべき役割として3つの柱である「Service  Excellence」、「Product  Leadership」、「Network  Connectivity」の向上に継続的に取り組んでいます。シンガポール航空は「スターアライアンス」に加盟しています。シンガポール航空ホームページ:singaporeair.com

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンガポール航空 >
  3. シンガポール航空、2020年12月1日から2021年1月3日までの期間限定で大阪-シンガポール路線にA380-800を投入